政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

安倍政権の独裁化が止まらない。自民党がNHK、テレ朝幹部を呼び出し聴取

      2015/07/20

自民党の暴挙を認めれば政治家ばかりが優遇される世の中になってしまう可能性があることを理解していますか?

安倍政権となってからしばらく経ちますが、日本の韓国・中国化は加速しているようです。先日、放送内容に問題があったとして自民党がNHKとテレビ朝日の幹部を呼び出し聴取を行う方針と発表しました。

主たるものはテレ朝の政権批判だと思いますが、いちコメンテーターが政権批判をしたぐらいで局の幹部が呼び出され指導されるというのは「異常」です。

政権与党が「中立公平」と指導することはヤクザの脅しと同じ

日本は民主主義国家なのですから政権批判があるのは当然の権利であり、それを政府が言論封殺して良いわけがありません。

ましてや自民党は強大な力を持つ政権与党です。自民党は「中立公平な報道を」と主張するのでしょうが、巨大勢力がその言葉を発する意味が何を指すかは明らかです。

それは「脅し」です。

放送権を握っているのは政府です。なので政権与党がテレビ局幹部を呼び出し「中立公平な報道を」と言うことは、実質的には「政府の許可無く勝手な発言をするな」と脅しているようなものなんです。

わかりやすく例えると、ヤクザがいくら礼儀正しく真っ当なことを言っても、こちらは萎縮してしまうようなものです。人は力のある者と接すれば無条件に萎縮し行動が抑制されてしまうものです。

だから、今回の自民党の行動は「異常」であり民主主義国家では許されることではないのです。これが現実に行われているのが安倍政権を支持する人の多くが敵視する中国や韓国です。自分が嫌う国と同じ方向に向かわせている政権をどうして支持できるのでしょうか?不思議で仕方がありません。

もし、政権批判に問題があるならきちんと国民が納得いくように説明すれば良いだけの話です。そうすること無く言論封殺するということは、自ら「やましいことがある」と言っているようなものです。集団的自衛権閣議決定も2014年の衆議院解散も「説明責任」を果たさないから批判され続けるわけです。

独裁化が進んで利を得るのは政治家。それが喜ばしいことなのか?

閉鎖的な中国や韓国は以前と比べだいぶオープンになって個人の思想や自由が尊重され始めてきています。それに反するように日本は政権与党が独裁するような方向に向かっているのは由々しき事態だと思いませんか?先日の集団的自衛権閣議決定も過半数の国民が反対していたのに国民の意見に耳をかすこと無く行われたわけです。これを独裁と言わず何と言えるのでしょうか?

政治が独裁化するということは国民一人ひとりの価値が下がるということです。政治に国民の意見は関係無くなるわけですからね。そうすると政治家の都合の良いように資金を使えるわけですから、今まで以上に政治家が優遇されることになります。政権与党の暴走が続けば、こういった未来にもなりうるのです。

あなたは政治家ばかりが優遇される時代を望みますか?

 - 雑記 , , ,