政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

なぜ右翼団体は「在日特権」の不満を政府ではなく在日韓国・朝鮮人に言うのか?

   

未だに「在日特権」を理由としたヘイトスピーチデモが連日行われている日本。

ちなみに「在日特権」とは右翼団体やネトウヨ(ネット右翼)が根拠無く主張する「在日韓国朝鮮人が特別に優遇される」という謎めいた権利の事です。

在日特権はヘイトスピーチの口実の為のデマである

右翼団体やネトウヨが主張する在日特権の中身の一例を挙げると

  • 所得税
  • 固定資産税
  • 相続税
  • 電気・ガス・水道代

などの何割かがキャッシュバックされるそうです。

勿論、こんなものはヘイトスピーチの口実にするためのデマでしょう。

考えてみてください。

それを定めた法律・条令が存在しますか?

ありませんよね。

在日韓国・朝鮮人の税金・公共料金をキャッシュバックするなんて法律・条令は存在しないのです。

もし、本当にそんな事があれば、右翼団体やネトウヨだけではなく一般的な日本国民も問題視したり、デモ活動が起こるはずです。でも全くそんな気配はありません。その理由は簡単で「在日特権はネトウヨたちのデマだと皆分かっているから」です。

仮に在日特権が本当でも非難する対象が間違っている

在日特権はデマであることは明白ですが、仮に本当だとしても右翼団体やネトウヨの主張方法は間違っているんですよね。

在日特権が存在するならそれは日本政府や自治体が作ったルールです。ですから、批判すべきはそれを野放しにしている安倍政権や自民党なのです。在日韓国・朝鮮人は日本のルールに沿って生活しているだけですから、在日韓国・朝鮮人に文句を言うのは理不尽ですよね。

しかも彼らは、在日特権を理由に「日本から出ていけ」と主張するわけです。在日特権がデマだと分かっていてそれをやっているわけですから、これは明らかなヘイトスピーチ・差別行為です。

こういうヘイトスピーチをやっている団体に限って「ヘイトスピーチを規制するな」と主張するのにはホント呆れます。「日本にとって不利益な法律」などと主張し法規制を反対していますが、要は合法的にヘイトスピーチが出来なくなるのが困るだけなんですよね。そもそも、日本国内では在日外国人による日本人へのヘイトスピーチデモは行なわれていませんから不利益ではありません(カウンターデモはヘイトデモへの報復なので自業自得)。

おわりに

日本の右翼と言うと、こういった極端に偏った思想の人たちの声が非常に大きいです。これは一般的な右翼思想の人たちにとっても迷惑なことです。なぜなら、「右翼はまともな思想ではない」というレッテルが貼られ国民の信用を得られないからです。

大半の在日韓国・朝鮮人は日本のルールに沿って真面目に生活していますが、一部には法律を悪用して不正を働く者もいるわけです。そういった人は徹底的に取り締まるべきですが、在日特権のようなデマを流せば要らぬ混乱を招き、本来取り締まるべきものも取り締まるのが難しくなってしまうんですよね。自ら首を絞めているわけです。

ですから、悪質なデマだったりヘイトスピーチ・人種差別はいかなる理由があろうともやめるべきなのです。それが日本国民の為でもあるわけです。それでもデマやヘイトスピーチを続けるなら、その人は愛国者でもなんでもなく、ただの卑劣で愚かな人間でしかありません。

 - 雑記 , ,