政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

“在日特権”が差別用語である理由

   

主にネトウヨ(ネット右翼)やレイシスト(差別主義者)が頻繁に使う言葉として「在日特権」というものがあります。

「在日韓国人・朝鮮人は”在日特権”によって不当に利益を得ている!」などと主張しているわけですが、100%言いがかりなんですよね。

「在日特権」が何なのか理解せず言ってるから差別なのである

ネトウヨたちは「在日特権」と口にするものの、具体的にどういった特権があるのかを示さないんですよね。

あくまでも「特権」という言葉ばかりに焦点を当てて、「在日韓国人・朝鮮人は恩恵を受けている」という認識を世間に刷り込んでいるわけです。

で、「特権の中身は?」と具体席な内容を聞かれれば答えられない。なぜなら特権は存在しないからです。

答えられもしないものを世間に拡散して不当に地位を貶める行為は明らかに差別であり、同様に内容に具体性の無い「在日特権」という言葉は差別用語なのです。

在日特権に関するデマ

在日特権については様々なデマがあります。例えば、

  • 税金を納める必要が無い
  • 公共料金無料
  • 年間600万円を働かず支給されてる

こんな事が言われていましたが、全て嘘です。デモの発信元である在特会の米田隆司氏がデマだと認めているんですよね。

証拠が無い在日特権を批判するのは在日韓国人への嫌がらせでしかない。批判するなら証拠を提示すべき。

通名は在日優遇措置なのか?

在日外国人だけに与えられた権利として「通名(通称名)」がありますが、これを「特権だ」と主張する人もいます。

その理由に「通名を使えば犯罪し放題なんでしょ?」というものがありますが、それは犯罪者目線の主張なんですよね。「在日外国人は低リスクで犯罪が出来るから羨ましい!」と言ってるわけですからね。

これを特権と主張するのは、あまりにも馬鹿げた話だと思いませんか?なぜなら、日本人だろうと、在日外国人だろうと普通は犯罪とは無縁の善良な市民だからです。

特別永住資格は特権か?

多くの在日韓国人・朝鮮人とその他一部の外国人は「特別永住資格」という他の在日外国人には無い権利を持っています。これを特権だという声もあります。

これも言いがかりなんですよね。在日韓国人・朝鮮人は他の在日外国人とは歴史的事情が異なります。

ご存知の通り、韓国人・朝鮮人は「日韓併合」により日本人になったわけです。

しかし、日本は敗戦し勝手な都合で日本国籍を剥奪されました。35年間ものあいだ日本人として生活してきたのに理不尽に日本国籍を剥奪されたわけです。

これは流石に酷過ぎるということで、日本国籍の代わりとして与えられたのが「特別永住資格」なんです。有する権利は日本人と一般的な在日外国人の中間ぐらいなので、「在日韓国人・朝鮮人はずるい!」とネトウヨたちが主張するのは間違っているのです。一番恩恵を得ているのは日本人自身なわけですからね。

無知は罪。知らぬ間に加害者にならぬように

ネットの発展によって様々な情報が手に入るようになりました。しかし、その大半は素人が発言したデマです。

中身を知らず表面的な情報に踊らされている人が後を絶ちません。「在日特権」の他にも今は「イスラム国(IS)」が深刻ですよね。

イスラム国という極一部の過激派の行動を、イスラム教の教えだと解釈して、一般的なイスラム教徒に偏見を持つ人がとにかく多いわけです。

相手をよく知らないから自分の想像(偏見)で決めつけてしまうわけです。それが差別を生むわけです。つまり、「無知は罪」という事です。

逆に相手をよく知れば偏見は消え、差別も無くなります。

自分の事を知らない人に、あれこれ文句を言われたらどう思う?

自分の事をよく知らない人に、日本人であることを理由に、あれこれ文句を言われたらどう思いますか?

「知らないくせに!」と言いたくなりますよね?

それと同じことを、在日韓国人・朝鮮人やイスラム教徒にやっているわけです。

偏見を無くす為には、まず相手をちゃんと知る事が大切です。

 - 雑記 ,