政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

今朝、山手線車内で痴漢の現場に遭遇した

      2014/08/14

「#$%&'(#”$$%%%%%%%###!!!!」

と、言葉にならない叫び声をあげて男に対してバッグを振り回す女性。
そう、私は痴漢を目撃したのだ。


今朝、山手線で普段どおり通勤していて新宿に着く頃、自分が座る座席の斜め前に立つ女性が騒ぎだした。

女性は中国語らしき言葉を喋っていたと思う。最初は知り合いとの言い争いだと思っていたのだがそうでなかったらしい。

新宿駅に着くやいなや女性は持っていたバッグで男に殴りかかったのだ。そして、男はボソっと何かを呟くと足早に電車を降りていった。ちなみに、私も新宿駅が目的地なので一緒なので降りたが、男は走って逃げるわけでもなくスタスタ歩いている。騒動を目撃していた人も特別行動を起こしていなかった。当然私も痴漢の瞬間を見ていないので何も出来ず。

ちなみに、女性は電車から降りなかったのでその後の女性は分からない。


という出来事に遭遇したわけですが、実際に痴漢の瞬間が見れたわけでもありませんし、女性の発した言葉が中国語らしき言葉だったため全く違う争いだったのかもしれません。

今回の騒動が痴漢だったとしても、犯行の瞬間を目撃したでもなければ取り押さえることは出来ないと思うんですよね。女性が「あの人痴漢です!」と言ったとしてもその女性が勘違いしているだけの可能性もあるわけですし、迂闊に捕まえて「実は冤罪でした」なんてことになれば捕まえた側はとばっちりを食うわけです。

また、男性側はもし全く無関係だとしてもその場から遠ざかるしかないんですよね。電車の中で自分の正当性を説明していたら、変に話がこじれて、それこそ犯罪者の汚名が着せられる可能性が高まるわけですからね。

日本では女性の半数以上が痴漢被害の経験があるという統計が出ているわけですから、乗っている電車のいずれかの車両に1人は痴漢がいてもおかしくないですよね。それにもかかわらず、なかなかそういった騒動に滅多に遭遇しないのは満員電車という名の死角で痴漢が行われているからです。

ちなみに痴漢被害は海外と比較し日本が圧倒的に多いです。なぜなら人が密集しているからです。密集すればバレずに痴漢が行えるわけです。さらに日本人は痴漢にあっても泣き寝入りをする傾向が強いので恰好の的なってしまうわけです。

痴漢撲滅のために私服警官が張り込んでいたりもしますが、それで捕まる痴漢犯罪者はスズメの涙程度でしょう。根本的に解決するには交通網の改善をして痴漢しにくい環境(混雑していない電車)を作ることです。あとは、女性自身が抵抗できれば一番ですが基本的に痴漢に会う女性は大人しい人なので難しいでしょうね。今回被害に遭ったと思われる中国人らしき女性みたいな人ばかりなら痴漢犯罪は激減すると思うんですけどね。

理研STAP細胞 笹井芳樹氏の自殺の原因の一つ

 - 雑記