政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

宇都宮元自衛官の自爆テロは今後日本で頻発する可能性も

   

先日宇都宮で起きた元自衛官の爆破事件。3人が巻き添えで重軽傷を負い、栗原敏勝容疑者は「胸腹部挫滅」つまり腹部が吹き飛んで死亡しています。

「周囲を巻き込んだ自殺」という表現が目立ちますが、状況的に見て「自爆テロ」と言ったほうが正しいかも知れません。

犯行予告あり。これは自殺ではなく自爆テロ

栗原容疑者は度々YoutubeやSNSを使い社会に対する不満を口にしていましたが、その不満の声は世間から注目を浴びる事はありませんでした。どうにかしてその主張を世間に届けるべく選んだ手段が今回の自爆テロです。

栗原容疑者は自身のブログで「大げさにしないといけない」「自暴自棄」などの犯行をほのめかす発言をしていることから、これは単なる自殺ではなく故意の殺人であったことが分かります。

まして周囲40メートルまで金属片などが拡散する非常に殺傷能力が高い爆弾を作っているわけです。自殺目的ならそこまでの威力は必要ありませんし、そもそも爆弾である必要がありません。

今回の事件はISIS(イスラム国)の様な、宗教的・政治的な思想によるものではなく、社会への復讐が引き金になっているので一般的なテロとは異なりますが、無差別殺傷という点ではテロに準ずる行為です。

元自衛官と報じたメディアに悪意がある?

本筋から外れますが、栗原容疑者が無職ではなく「元自衛官」と称されていた事に「自衛隊・自衛官を貶める反日行為だ」と主張する人達が一定数見受けられます。確かに、現職の自衛官にとっては迷惑極まりない報道であることは間違いありません。

ただ、「元自衛官」と報じているのは朝日や毎日のような左寄りの新聞社だけでなく、産経など右寄りの新聞社も「元自衛官」と報じているんですよね。だから、自衛隊にレッテルを貼って貶める意図は無いと思います。左も右も関係なく自衛隊の存在は認めていますし、自衛隊にだって左右問わず様々な思想の持ち主がいるわけです(そもそも安保法制で自衛官の身を案じて反対しているのは左翼が中心です)。

「元自衛官」と報じた理由には2つある

マスコミ各社が「元自衛官」と報じた理由は2つあると思っていて、1つは、その方が「ニュースとして目立つから」です。つまり、私利私欲の為に「元自衛官」と称したという考えです。これはマスコミ業界の全体の悪しき体質だと思うんですが、報道で生計を立てている以上は変える事の出来ない体質なのだと思います。

2つめは、「爆弾を使った犯罪」だからです。自衛官は爆発物に関する知識を有しています。なぜなら任務で爆発物の解体が必要になることもあるからです。やはり「爆弾」という特殊な物は「無職」よりも「自衛官」の方がイメージに合うわけです。より的確に犯人像を世間に伝えるには「元自衛官」という表現がされるのは致し方ない事だったと思います。

今後、爆弾を使った事件が模倣される可能性が高い

今回の事件は、栗原容疑者が自衛隊に所属していた時に得た知識を悪用した特殊なものです。ところが今はネットや書籍で調べればこういった専門的な知識でも容易に得られてしまうのです。

まだ記憶にも新しい「秋葉原無差別殺人事件」の後に、模倣犯による事件がいくつか発生しているように、今回の事件でも模倣犯が事件を起こす可能性は高いと思うんです。

「社会への復讐」と言って殺人を起こすような人物であれば「より大きな被害を望む」可能性が高いでしょうから、ナイフなどの少人数しか対象に出来ない物よりも、大人数を対象とした爆発物を凶器に選ぶ可能性は高いわけです。

法律の見直しで被害を最小限に

こういった事件は完全には防ぐ事は困難ですが、被害を最小限に留める事は可能です。

例えば今回の事件では、ブログやSNSで犯行をほのめかす発言をしていたわけですよね。その時点で警察が動いていれば今回の事件は起きなかったかも知れないわけです。

ネットではこういう狂気染みた発言は無数に存在するので、全て取り締まっていてはキリが無いと思われるかも知れませんが、高額の罰金刑を課すように法改正すれば、それを財源により多くの警察官や自衛官を確保することも出来るわけです。それに、悪ふざけの犯行予告でも逮捕されると周知されれば、結果的にそういった行為は大幅に減ると思います。

また、日本の電車や地下鉄のセキュリティは皆無なのでナイフも爆弾も自由に持ち込むことが出来てしまうのが現状です。つまり、今回の事件の現場が駅構内や車内だった可能性もあるわけです。もし、そうなら戦後最悪のテロ事件になっていたかも知れないわけです。こういった事態を少しでも軽減する為にも駅構内でのセキュリティチェックは必要だと思います。

また、自暴自棄になって凶悪事件を起こさないように「精神面のケアを”義務”付ける」ような法律も必要になってくると思います(”任意”では意味が無いですからね)。

いきなり全てをやるのは現実的ではないですが、少しずつ着実に改善していく事が大切だと思います。

あまり、法律やセキュリティでがんじがらめにしてしまうのは良くないですが、情報量やテクノロジーの発達で一般人が凶悪な事件を起こすことが容易になってしまっている現状では致し方ない事だと思います。

 

 - 雑記 , ,