政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

2015年7月8日に通名が廃止されると自称愛国者が期待しているようだが・・・

      2015/05/25

結論:通名は廃止されません。

これまで通り通名は使用可能です。

通名を記載できる『外国人登録証明書』が廃止

私自身、不勉強で知らなかったことなんですが、2015年7月8日に外国人が日本に住む為に必要な書類である『外国人登録証明書』が廃止されるとのことです。外国人登録証明書には通名(通称名)が記載可能であり一部の右翼・保守が問題視していました。

新たな証明書には通名が記載できない。しかし・・・

そして、その代わりになるのが在日外国人に必要な『在留カード』と、特別永住者に必要な『特別永住者証明書』です。これらには通名を記載することは出来ません。この情報だけを見て「通名は廃止された!」と騒いでいるわけです。

しかし、実際には通名は使用可能です。『在留カード』と『特別永住者証明書』には通名を記載できませんが、住民票や住基カードにはこれまでどおり通名を記載可能です。

しかも、多くの在日韓国人が資格を有する『特別永住者』はこれらの証明書を携帯する義務がありません。これまでは外国人登録証明書を携帯していないと罰則がありましたが、今後は特別永住者に限っては罰則はなくなりました。つまり、全体の7割が特別永住資格を持つとされる在日朝鮮・韓国人にとっては制限が緩くなり生活しやすくなったとも言えます。

極一部の犯罪者にとっては耳の痛い話かも

在日外国人が犯罪を行って氏名が公開されることになれば、携帯が義務付けられている『在留カード』に載っている名前を公表されることになりますが、それをやるかはマスコミ次第です。これまでも本名で報道されることもあったわけですし、「○○在住の男」と氏名を出さないで報道するケースもあったわけですからね。一部の右翼・保守が期待するようなことは起きないでしょう。

ただ、廃止された外国人登録証明書の通名表記は変更が容易だったそうで、それを悪用して利を得ていた一部の犯罪者にとっては耳が痛い改正であると言えるでしょう。しかし、そういう人にとっては犯罪の手段が1つ減っただけであり、今後も異なる方法で不正を行うのでしょうね。

通名禁止するのは構わない。しかしその前に・・・

個人的には通名を禁止するのは構わないと思っています。通名廃止で世の中の仕組みがシンプルなればそれなりにメリットもあるはずだからです。

しかし、その前にしなければならないことがあります。それは差別の法規制

差別の法規制をせずに通名だけ廃止すれば、間違いなく、何の罪も無い人が迫害を受けるのは目に見えている。だから、通名廃止と差別の法規制はセットで行わなければならないわけです。

日本は日本人のものだから日本人が優遇されるのは当然のこと。しかし、日本には200万人以上の外国人が住んでいるわけです。これだけ多くの人が住みにくいと感じてはそれはそれで問題です。外国人を”優遇”しなくてもいい、けれど”住みやすい”国ではあるべきだと私は考えます。国籍問わず全ての人に気を配れるのが日本人のあるべき姿だと思うからです。

「結婚は金」と言い切ったセレブ中国人ハーフタレント大沢ケイミを嫌いでない理由

 - 雑記 , ,