政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

【通名は特権ではない】在日外国人の通名を廃止する必要性が一切無いことが判明

      2014/10/27

tsumei

よく右翼・保守の方々が「在日(主に韓国・朝鮮人を指す)の通名を廃止しろ」と声を荒げていますが、よくよく考えてみると通名を廃止する必要性は無いんですよね。
と、書くと色々と反発はあると思いますがとりあえず聞いてください。

右翼・保守の主張

右翼・保守の主張して代表的なものに「犯罪を犯した在日外国人が実名で報道されないのは問題がある。通名は廃止すべき。」というものがあります。確かに通名(日本名)で報道されれば「日本人による犯行として世間に広まるため不当に日本の評価が下がる」という問題があるのは事実です。

また、嫌韓・ネトウヨは「通名使えば犯罪し放題。在日特権を許すな」みたいなことを言っていますがそれは間違いです。通名を使っても普通に逮捕はされますし罪にも問われますから、通名が使えるというだけで犯罪を犯す人はまずいません。犯罪を犯す人は実名だろうと関係ありません。

話を戻しますが、つまり通名制度によるリスクは日本の評価が不当に下げられる可能性があるということ点に尽きます。

通名制度を廃止することでのデメリット

元々通名制度は在日外国人が日本で暮らしやすくする為に作られた制度です。

外国人の中にはとてつもなく長い名前だったり、日本に馴染みのない語幹の名前だったりと日本人にとっても不便なことがありますよね。通名が使えないとなると名前すら覚えてもらえない外国人が出てきてしまうのは可哀想ですよね。というわけで覚えやすい名前を得るためというのがまず一つ。

そして、人種差別です。
ネットの現状を見れば分かるように韓国人・朝鮮人というだけで誹謗中傷の対象になります。外に出ればネットほどでは無いとは言え、少なからず被害にあう可能性はあります。この問題を解決しない限りは通名を廃止することは出来ないでしょう。

通名を廃止する必要がない理由

そして本題である「通名を廃止する必要がない理由」についてですが、要は在日外国人による犯罪で日本の評価が不当に下げられることを防げればよいわけです。その不当な情報はマスメディアによって世間に広められます。

つまり、マスメディアでは実名の報道を義務付け違反すれば罰する法律を制定すればよいのではないかと思います。マスメディアに限らず通名を悪用できそうな場所では実名を義務付けるというルールを厳格化すれば通名制度の恩恵を得つつもリスクを排除できるのではないでしょうか。右翼・保守と通名を利用している在日外国人の両方にメリットがある案といえるのではないでしょうか。

通名を廃止することは弱者である人に更なる苦労を強いることになります。通名を廃止しなくとも様々な対策は可能なわけです。より多くの人が幸せになれる手段を選ぶべきだと思います。

そもそも通名は特権ではない

通名を利用して犯罪をするのは「権利を悪用」しているだけで特権でも何でもありません。例えば、生活保護は国民全員に与えられている権利ですが特権とは言わないですよね。権利を悪用して不正受給をする人がいるというだけです。それと同じです。

生活に必要な権利を廃止したら困る人は大勢いるわけです。

例えば「給与」は労働者にとってもっとも重要な権利です。これを廃止されたらどうなるかは想像がつくでしょう。また、プライバシー権などもそうです。自分の知らないところで個人情報が晒されていたらどうでしょうか?困りますよね。

それと同じように差別や中傷に苦しむ一部の外国人にとっては通名は欠かせないものなんです。

終わりに

在日外国人を日本人以上に優遇すべきとは思いませんが、外国人にとって居づらい国であってはいけないと思います。多くの在日外国人は日本人と同様に働き社会貢献しているわけですから、外国人にとっても住みやすい国であるべきだと思います。

ネットで広まる私刑が認められないただ1つの理由

 - 雑記 ,