政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

保守・右翼は見る目が無い。公選挙法違反で逮捕された田母神容疑者の問題発言の数々

   

14日、元航空自衛隊幕僚長 田母神俊雄容疑者が公選挙法違反の疑いで逮捕されました。

田母神容疑者は元航空自衛隊トップということもあり、保守・右翼らから多くの支持を集めていた人物であり、過去には保守政党「次世代の党」から出馬した経歴もあるということで大きな注目を浴びました。

また、人間性的には首を傾げたくなる様な言動が多いことでも有名です。

イスラム国の犠牲になった後藤健二さんに対する暴言。そして在日外国人に対する差別的発言でもありますね。この人にはモラルという概念は無いのでしょうか?

左翼や韓国・中国が主張する正反対の政策は正しいというあまりに短絡的な思考。それなら政治家なんて不要ですよね? 左翼や中韓の反対のことを実行すれば良いのですから。

核武装すべきという危険な考え。イラク戦争が勃発した原因をご存知ないのでしょうか。「核開発が疑われたから」ですよ。だから、「核武装すべき」という核開発をほのめかす発言自体が日本が攻撃されるリスクに晒す行為なんですよね。仮にも日本を守る自衛隊のトップだったとは思えない発言です。

女性に対する偏見ですね。「結婚をしたら多くの女性は愛する男性の姓を名のることが嬉しい」のならば男性にも同じことが言えるはずです。夫婦同性が重要なら男性が婿入りするのでも良いわけです。でも、「夫婦同性であるべき」という男性に限って婿入りは嫌だと言うんですよね。

・・・

未だに「田母神閣下がそんなことするわけが無い」とか「田母神さんはハメられただけだ!」と擁護する声が多いですが、彼が問題を起こす可能性が高い人物である事はこれまでの数々の問題発言で分かっている事なんですよね。

田母神容疑者が問題発言を繰り返すのは”善悪の区別がつかない”からであり、”善悪の区別がつかない”なら公選挙法違反で捕まることも十分に想定できるワケですよね。

ハッキリ言って保守・右翼は”元航空自衛隊トップ”という肩書を過大評価し過ぎです。汚職だらけの政治家をみれば分かる様に肩書でその人の良し悪しは決まりません。特に政治の世界は実力よりもコネやツテですからね。

”愛国無罪”なんて言葉があるように、愛国発言をしたり反韓、反中発言をすれば、ある程度の不正は許容しても構わないというのが保守・右翼の中では常識なのでしょうか? 収賄容疑の甘利氏にしろ、多くの人が違憲だとする安保法制を強行した安倍首相にしろ、国益に適う(あくまで保守の視点)行動をする人にはとことん甘いですよね。

私なら、最低でも自らを厳しく律する事が出来る人を支持します。どんなに政策が優れていても人間的に信用できなければ任せられませんからね。

安倍首相と親交がある百田尚樹氏は「他の事務所でも同じことをやってるのでは?」と言って擁護姿勢を見せています。

いやいや、犯罪です。
百田氏の知人は同じ事やってるのかも知れませんが、一般的に許容されるものではありません。「金で釣る」ような政治家にまともな政治は期待できません。

こういう「皆やってるからいいでしょ?」みたいな安易で甘々な考えって危険なんですよね。例えば、「信号無視や飲酒運転なんて皆してるでしょ?」と言って、皆が同じことをやったら交通事故件数は跳ね上がりますよね。

与野党限らずですが、自分に甘すぎる政治家が最近特に目立つように感じますね。選挙は「この党に票を入れたら日本は変わる!」と思って投票するのが理想ですが、実際は「あの党に入れるならここの方がまだマシ」という底辺争いになってしまっているのが現実なんですよね。

保守・右翼は中国だの朝鮮だの言ってますが、このままだと他国関係なしに日本単体で内部から崩壊していく可能性の方が高いと思います。

最後に田母神容疑者から一言。

逮捕直前だというのにツイートで言い訳とはずいぶん余裕がありますね。それにしても最終的には”国のせい”とでも言いたげな発言は保守としてどうなんでしょうね。

 - 雑記 , , ,