政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

集団的自衛権よりも自衛隊強化のほうがリスク無く国を守れるのに何故安倍政権は気付かないのか

      2015/07/20

ほとんどの人が「違憲」と指摘する集団的自衛権を安倍政権は強引に成立させようとしているわけだが、集団的自衛権には決定的な弱点がある。それは、「今まで友好的だった国と敵対する可能性がある」ということと「アメリカが守ってくれる保証は無い」ということだ。

さらに、集団的自衛権は日本のような世界的にみても安全な国が行使する場合デメリットがメリットを上回る。集団的自衛権は他国と歩調を合わせるということ。つまり、集団的自衛権を行使すれば、他国よりも突出して安全な日本が、他国と同じレベルになってしまうのだ。

そして、明らかにおかしいのが、「愛国」を叫ぶ人達が原爆で日本人を虐殺したことを謝罪しないどころか正当化するアメリカ政府の為に自衛官が命を掛けることを望んでいるということ。これのどこが愛国なのだろうか?自衛官の命を軽視していないだろうか?自分を守る為なら悪党に手を貸すこともいとわないということなのだろうか?アメリカ国民には罪は無いが、自己正当化して戦争を繰り返すアメリカ政府は信用できない。

リスクを最小限に抑え国を守る方法、それが自衛隊の強化

日本を守るなら自衛隊を強化すればいい。リスクが大き過ぎる集団的自衛権は必要ない。個別的自衛権で十分なのである。

よく「自衛隊を日本軍にしろ」と言う人がいるが、これはそういうことではない。あくまでも軍事予算を増やすだけで活動内容はこれまでどおり自衛に徹する。これならほとんどの人が賛成するだろう。自衛隊を強化するのに軍隊化は必要ない

軍隊化すれば間違いなく中国や北朝鮮、さらにはアジア諸国が反発するだろう。「日本軍=好戦的」なイメージがあるからだ。軍隊化は中国・北朝鮮に対しての挑発行為でしかない。しかし、自衛隊として軍事予算を増やすだけなら反発されることは無い。これで反発されるなら現在に自衛隊は存在して無いはずだからだ。

つまり、集団的自衛権よりも、軍隊化よりも、自衛隊を自衛隊のままに強化することが最もリスク無く安全に国を守ることに繋がるのだ。

軍事予算の問題。国民の負担はどうなる?

自衛隊を強化すれば当然多くの費用がかかる。それにはもちろん国民の税金が使われる。でもそれは集団的自衛権でも軍隊化でも同じ事だ。

しかし、集団的自衛権よりも軍隊化よりも戦争に加担する可能性は減る。自衛隊が自衛に徹すれば相手が攻め込んでこない限りは戦争は起きないからだ。

仮に集団的自衛権を行使したほうが軍事予算を抑えられるとしても、戦争に巻き込まれ死んでしまうよりも何倍もマシだ。

そもそも「軍事力がある=安全」ではない

アメリカと手を組む事が抑止力になるというが、必ずしもそうとは言えない。

ご存知の通りアメリカは世界一の軍事大国だ。戦争でアメリカに勝てる国は存在しない。だから、アメリカと手を組めば戦争には勝てるようになる。

しかし、負けると分かっていて攻撃を仕掛けてくる国や組織もあるのだ。イスラム国やアルカイダがそうだ。テロリストは負けると分かっていても世の中を変える為には命を惜しまない。

つまり、集団的自衛権を行使しようとも、または日本が世界一の軍事大国になろうとも、それが国を守る事に繋がるとは限らないのだ。

戦争は勝ち負けではない。開戦した時点で終わり

日本が中国を上回る軍事力を身につけ、戦争に勝てたとして、それに意味はあるのだろうか? 戦争に勝とうが負けようが何万、何十万、何百万人が死ぬわけだ。人の命は最も大切なものだ。それを失うということは何よりもの損失だ。人を死なすのであれば早々と敗戦したほうがまだマシだろう。生きてさえいれば何とかなるものだ。

最も重要なのは「敵を作らない」こと

当たり前の事だが、戦争はしないに越した事は無い。多くの人がそう考えているはずだ。

安倍政権はアメリカと手を組み軍事力を強化する事で「抑止力」を狙っているようだが、先ほども言ったようテロリストは軍事力に関係なく攻撃を仕掛けてくるのだ。

戦争をしない為にやるべきことは「敵を作らない」ことだ。

中国・北朝鮮を挑発しない。テロリストを挑発しない。これが一番の抑止力になる。中国とは今以上に国交を持ち経済や文化を通じて国民レベルで交友を深める。国民同士の関係が良好なら武力衝突もしにくくなるだろう。北朝鮮と国交を持つことは難しくとも「刺激しない」ようにすることは可能だ。そして、テロリストも意味なく日本を攻撃しない。ISIS問題で日本が標的になったのは安倍首相が不用意な発言をしたからだ。

個人的には自衛隊や軍事費は現状維持でも良いと考えているが、万が一に備え、武力強化も必要だろう。しかし、それはあくまでも自衛隊が自衛隊であり続けるという前提だ。いくら武力強化しても敵を作ってしまえば台無しなのである。

 

 - 雑記 , , ,