政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

集団的自衛権行使に最も反対してるのは中国や韓国ではなく日本である

      2015/07/20

ネット上では集団的自衛権行使賛成派が反対派に対し「反日」というレッテルを貼るような行動をよく目にします。いわゆる反対派は中国・韓国人の味方で日本の敵であるという考えのようです(勿論そんなことを言っているのは極一部の人です)。

反対派が反日の日本人だと仮定すれば、反日教育を受けている中国・韓国本土に済む中国・韓国人は集団的自衛権に反対しているのでしょうか?

結論から言うと、集団的自衛権に関して中国人は関心を示さず、韓国人は賛成し、日本人は意見が割れるけど反対多数という具合です。その理由を説明していきます。

中国人は集団的自衛権に関心無し

まず最初に中国人に関して。
民間レベルなら日本人ほど集団的自衛権に関心が無いと私は考えます。

何故なら集団的自衛権はあくまでも日本が同盟国に加勢する為の権利だからです。中国がアメリカに攻撃を仕掛ければ集団的自衛権は中国にとって脅威になりますが、日本に攻撃する場合にはほとんど影響がありません。もちろん集団的自衛権はある程度の抑止力にはなりますが米国が日本を守る保証は無いのです。

そもそも反日感情があったとしても平和的に過ごしたいと考えている人が大半ですから、「日本を侵略しろ!」と思わない限りは日本の集団的自衛権とは無縁なのです。中国政府であっても日本に攻撃を仕掛ければ世界中を敵に回すことになりますから安易に戦争を仕掛けることはしません。日本に攻撃を仕掛けない限りは集団的自衛権は中国にとってもデメリットでは無いのです。

中国といえば尖閣問題ですがこの件については集団的自衛権の有無関係無しに今後も続くでしょう。領土問題に米国が首を挟むメリットはありませんから。そもそも親日国である台湾までもが権利を主張しているくらいですからね。

韓国は集団的自衛権を歓迎

また、韓国に住む韓国人は日本の集団的自衛権には賛成するでしょう。何故なら韓国は同盟側だからです。「反日国なのに何故?」と思うかもしれませんが、韓国には米軍が駐留しています。日本にとって集団的自衛権は米国を守るためのものですから、米軍が駐留している韓国も守ることになるわけです。つまり日本の集団的自衛権は韓国にとって利益なのです。

日本人は意見が割れるが反対多数

そして日本人。中国・韓国とは異なり直接自身の生活や命に影響してくる可能性が高いので関心が高いです。何度か集団的自衛権に関する統計が取られていますが反対派が多数です。安倍首相は手段的自衛権のデメリットを話していませんから全てを話せば反対派はさらに増えるでしょう。また、在日韓国・中国人にも反対派が多いです。日本に住んでいれば戦争に巻き込まれる可能性があるわけですから当然です。

しかし、賛成派が悪いというわけではありません。集団的自衛権行使でアジアが安定する可能性はあります。当然、在日韓国・中国人でもその方が平和に繋がるという考えであれば賛成するでしょう。

このようなことに正解はありません。それぞれのメリット・デメリットを把握し平和の為に行動をしていくことが大切なのです。

集団的自衛権のまとめ記事も投稿していますのでよろしければご覧ください。

 - 雑記 , , , ,