政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

8.6秒バズーカ反日疑惑は分かったけど在日と結びつける意味分からん

      2015/04/21

今、世間を賑わせているお笑い芸人8.6秒バズーカ。「ラッスンゴレライ」という謎のフレーズを軽快なリズムに乗せて発するのが高い中毒性を生むが、今これが問題になっている。

数々の反日要素で疑惑は深まるがこじ付けである可能性も拭いきれない

「ラッスンゴレライ」や「ちょっとまって」といったネタ中のフレーズ、そして8.6秒バズーカという芸名が「原爆」に関係していて反日的だと一部で話題になっているのだ。他にも決めポーズが長崎県の平和祈念像に似てると疑惑はさらに濃厚になっている。

ただ、この陰謀論は明らかなこじ付けと思われるものも多かったり、複数解釈があったりもするので反日だとは断定しにくい。例えば「ラッスンゴレライ」なら・・・

落寸号礼雷・・・米軍が原爆を落とす号令
Rat sunne Goleray ・・・(文字の入れ替えると)ENOLA GAY RETURNS(原爆搭載機の名称)

というように二通りの解釈が出来るので、どちらか(または両方)はこじ付けだろう。もし両方狙ったものなら色々とスゴイ。

反日だからと言って在日韓国・朝鮮・中国人であるとは限らない

反日というと韓国・朝鮮・中国を思い浮かべるが、そのため8.6秒バズーカが在日だという疑惑も騒がれている。しかしそれはあまりにも短絡的だ。凶悪事件がニュースになるたびに「どうせ在日の犯行だろ」と言うのと同レベルだ。

世間を見渡せば反社会的な行動をする日本人はいくらでもいる。最近だとイスラム国(ISIS)問題でのクソコラ騒動が印象的だ。8.6秒バズーカの反日疑惑がかわいいと思えるくらい悪質な騒動だった。そんな日本人が山ほどいるのだ。

また、今はヘイトスピーチが社会問題になっているおかげで、日本人が日本人に対して嫌悪感を抱かざるを得ないご時勢になってしまっている。ほとんどの人は差別主義者だけを嫌悪するに留まるわけだが、行き過ぎた人は日本そのものを嫌悪する。言ってしまえば”逆”差別主義者だ。何でもかんでも「在日の仕業だ」などと言ってればそういう人がいくらでも生み出されるということを肝に命じるべきだ。

おわりに

明確な証拠も無く「在日だから反日」などと認定するから国内外問わず余計ないざこざが生まれるのだ。他国を平気で貶め虐げるような人達が「反日だ」などと言っても全く説得力が無い。相手の不正(と思わしき)を正したければ、まずは自分の態度に恥ずべき点が無いか考えるべきだろう。

 - 雑記 ,