政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

黒人少年射殺事件の抗議デモ・略奪行為で分かる人種差別の根深さ

      2015/11/06

だから差別されるんだよ
この言葉自体に差別意識が潜んでいることを認識している人は一体どれだけいるでしょうか。

先日、アメリカのミズーリ州ファーガソンで丸腰の黒人男性マイケル・ブラウンさん18歳が警官によって射殺された事件がきっかけで人種差別の抗議デモが発生し、暴徒化したデモ隊が複数店舗に略奪行為を行う事態にまで発展しました。

人種差別の抗議デモに託けて略奪行為をしてしまっては本末転倒ですが、それだけ黒人差別の闇は根深く、アナフィラキシーショックのように爆発的な反発感情が生まれてしまうということを意味しているとも考えられます。また、そうではなく元々犯罪を行う予定だった者がデモをカモフラージュにしたということも考えられます。

理由はどうであれ、「略奪するから差別されるんだよ」という声がネット上では多く見受けられます。このような発言をしている人は自分に差別意識があることを自覚しているのでしょうか。

差別はいかなる理由でも正当化できない

黒人だろうと誰であろうと一般の多くの人々は略奪など行いません。略奪行為を行うのは極一部の犯罪者です。犯罪に人種・国籍など関係ありません。白人でも日本人でも一定数そういう犯罪者はいるわけです。日本で定期的に行われる反韓・反中デモでも「韓国人を殺せ」などと言ったり、無関係な年配の女性を罵倒する無法者がいるわけです。

つまり、どの国でもそういった犯罪はあるのにも関わらず、自分の国や人種のことを棚に上げ「だから差別されるんだよ」というのは差別意識があるということほかならないわけです。今回の略奪が原因で「黒人は差別されても仕方ない」という考えが正当化されるなら、「世界中全ての人間が差別されても仕方がない」と言っているようなものなんです。

差別の定義

差別の定義は「正当な理由によらず偏見や先入観に基づいて、あるいは無関係な理由によって特定の人物や集団に対して不利益・不平等な扱いをすること」とあります。

つまり反韓・反中デモでよく主張される「在日を日本から追放しろ!」や、ネットのニュースで見かける「犯罪者の在日認定行為」は紛れもない差別行為なのです。日本国内に住む在日中国人や在日韓国人は100万人いますが、その大半は誰に迷惑をかけるでもなく、日本人と同様納税し、毎日働き社会貢献をしているわけです。

また、レイシストといえば、レイシストを弾圧する団体「しばき隊」が有名ですが、レイシストは「レイシストを差別しているしばき隊が言うな」と反発するわけです。しかし、しばき隊のやっていることは差別ではなくただの罵倒の応酬です(こちらの記事がわかり易く解説されています)。

差別をする人は洗脳状態である

差別をする人は洗脳にかかっているような状態だと思うんですよね。人種や国籍で人の良し悪しが分かるわけがないのに、人種や国籍で相手を拒絶します。

逆に台湾のような親日国には盲目的にベタ褒めするわけです。台湾では日本人をターゲットにしたタクシー犯罪(殺人・レイプ・暴行)が多く注意喚起がされているくらいです(※2011年時点。2014年現在は注意喚起はありません)。同じ事件が韓国や中国で起きればネット炎上するわけですが台湾の場合はほとんど話題に上がりません。

個人にちゃんと目を向けることが出来ればこういった偏った反応にはならないはずですが、洗脳状態である為こういった偏った反応が起こるのです。

日本の差別は中韓に対してだけじゃなかった!肌の色で人を判断する悪習を正さなくてはならない

 - 雑記 , ,