政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

日本の差別は中韓に対してだけじゃなかった!肌の色で人を判断する悪習を正さなくてはならない

   

先日ニュースを読んでいたら気になる記事を発見しました。日本人のあなたが外国人として逮捕される日。というものです。衝撃的な事実であるとともにグローバル化はまだまだ遠いと感じさせられる記事です。

記事の中では3つの事例が取り上げられていますが、要約すると肌の色が日本人っぽく無いという理由で日本国籍を有しているにもかかわらず外国人扱いされ逮捕されたというものです(要約しきれて無い気がするので詳しくはリンク先の記事を読んでください)。

30、40年前なら「肌の色が違うんだから外国人として扱われて当然」という考えが通用していたかも知れませんが、200万人もの外国人が日本で暮らしている現在では正さなくてはならない古い悪習だと思います。

記事の3つ目の例でも取り上げられていますが、純粋な日本人が東南アジア出身者に似ているというだけで外国人として扱われパスポート不所持で逮捕されているわけです。そりゃ日本人なら普段パスポートなんて持ち歩かないし、海外旅行に行かない人は作ってもいないわけです。口ごもっていたことも逮捕の決め手になったとありますが、そもそも肌の色で外国人と決め付けていなければこのような誤認逮捕は起きていないわけです。

racial-discrimination3

こういった問題は誰にでも起き得ます。
アジア、特に日中韓の身体的特徴はほとんど差はありません。中国人や韓国人は目が細く、韓国人はエラが張っているといいますが同じ特徴を持った日本人は大勢いるわけです。中国人や韓国人のステレオタイプ的身体的特徴をもっているという理由で日本人が外国人扱いされ逮捕される可能性もあるわけです。

入国審査官や警察官など権力を持った人が肌の色で人を判断すること事態がありえないことですが、最悪身分証を提示して日本人だと理解してくれればまだ良い方かもしれません。しかし、端から疑いをかけている場合は身分証を提示しても「偽造しているだろ」と信用してくれないかも知れません。

そもそも、日本人の顔をしていても外国人であるケースだってあるわけです。このことから肌の色や身体的特徴で判断する意味が無いことは明白です。

本筋から外れますがこの記事のコメント欄が酷い有様でやるせない気持ちになりますね。差別に対して苦言を呈している記事なのに、そのコメントで平然と差別発言を行う人が多数いるわけです。

さらにおかしいのがいい大人が名前も写真も所属企業も公開しているのにも関わらず「土人」「日本人もどき」などという差別発言をしている人がいる点。そんな発言したことが会社にばれたら解雇されてもおかしくないのに差別をしている自覚が無いのでしょうか。。。

差別で月600万円荒稼ぎする保守速報を在日韓国人李信恵さんが提訴

 - 雑記 , ,