政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

【口裏合わせアリ】自民党橋本市議の架空発注で横領・詐欺がほぼ確定。政務活動費の公開を義務づける法改正をなぜしないのか?

      2017/08/26

元SPEEDの自民党 今井絵理子議員との不倫騒動で一躍有名になった自民党 橋本健市議による架空発注が話題になっています。

約720万円の政務活動費を使い、『ハシケン通信』と呼ばれる自身の広報チラシを50万部以上発注したと橋本市議は主張していますが、架空発注だったのではないかと追及されています。

【8/26追記】
印刷業者は橋本市議から受注したと答えるように口裏合わせがあったことを明らかにしました。印刷業者が嘘を付くメリットは無いでしょうから事実でしょう。橋本市議は嘘が下手だから明るみになりましたが、嘘の上手な政治家たちは今も暗躍しているのでしょうね(森友問題とか)。

色々と怪しい橋本市議の主張

状況的に見てクロでしょう。その理由を挙げてみます。

  • 領収書を発行した業者は「印刷は行っていない」と関与を否定
  • 50万部も刷られたチラシを目撃した市民は確認されず
  • 50万部の半分を「余ったので捨てた」と発言(720万円かけて半分も余らす状況がおかしい)
  • 友人とポスティングしたと言ってるが、業者がフルタイム(8時間)で配っても2000~3000枚が限度。

こんな感じですから、これで無実だとは信じ難いわけです。

特に「余ったので捨てた」というのはあまりにも見え透いた嘘だと思います。なぜなら、50万部というのは計8回分なんですよね。つまり最初の1回でどの程度配れるか判断が付き、2回目以降は半分以上余らすなんてことはあり得ないからです。

政務活動費の公開を義務づける法規制をなぜしないのか?

度々問題に上がる政務活動費の問題ですが、国民の税金であるにもかかわらず公開を義務づけるよう法改正しないのはなぜでしょうか?

おそらく、今回の様に表沙汰になるのは氷山の一角であり、政務活動費を横領・着服している政治家は国民が想像する以上に多いのではないのでしょうか。

法規制すれば多くの政治家が罪に問われることになるから法規制に踏み切れないのだと思います。そう疑わざるを得ないんですよね。

政治家は国民の為に政治をやるのが職務です。国民が政務活動費の公開を望むのであればそれに応じるべきです。

 

 - 雑記 , ,