政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

アメリカの北朝鮮先制攻撃を支持する人はレイシストか?それとも無知なだけか?

   

先日、米NBCテレビが「北朝鮮を先制攻撃する準備が整った」と報道したことで、緊張感が一層高まっていて予断を許さない状態です。

アメリカ人がまだ本土にミサイルが届く可能性の低いうちに先制攻撃をし制圧したいと考えるのは分かります。

しかし、日本人が先制攻撃を支持するのはあまりにもリスクが大きいことは明白です。なぜなら、先制攻撃をすれば米軍基地がある日本が狙われるのは確実ですし、日本には戦争になった場合の備えが全く無いからです。

つまり、日本人が先制攻撃を支持することは、戦死を前提とした捨て身の神風特攻隊の戦法を支持する様なものです。

北朝鮮を野放しにすることで、いずれ絶対に戦争が起こるのであれば、仕方のない決断かも知れませんが、そうではないのです。実際、北朝鮮はそういった声明を出していませんし、アメリカを上回る軍事力を持つ事もあり得ないわけですから、敗戦確実の北朝鮮の方から戦争を仕掛ける可能性は限りなく低いはずです。

それなのにアメリカの先制攻撃を支持するのはレイシスト(差別主義者)か、余程無知かどちらかではないでしょうか。

「韓国は滅びてしまえ」と思っているレイシスト(差別主義者)

もし、先制攻撃が行われて真っ先に犠牲になるのは、北朝鮮との国境から30kmほどしか離れていない韓国ソウルです。弾道ミサイルなど使わずとも砲撃が届いてしまう距離なんですよね。しかも、陸続きですから装甲車を使えば侵攻も容易です。

その結果以下のような被害が起こることが確実視されています。

  • 先制攻撃で戦争が始まれば、瞬く間にソウルが火の海になり最大100万人が死亡する
  • ソウル在住の外国人27万人も犠牲になる

それなのに先制攻撃を支持するのであれば「韓国人や外国人など死んでも構わない」と考えるレイシスト(差別主義者)と思わざるを得ません。

「先制攻撃しなければ日本が壊滅する」という危機迫った状況であれば、そういう決断も仕方ありませんが、今はまだその時ではありません。あくまでも引き金を引くのはアメリカという状況ですから、現時点ではアメリカが先制攻撃をしない限りは日本が壊滅する事はありません

先制攻撃をすれば米軍基地がある日本も巻き添えに。戦争に備えの無い日本は深刻な被害が…。

先制攻撃をすれば米軍基地がある日本は米国本土よりも優先的に攻撃されるのは確実です。なぜなら、北朝鮮が保有している弾道ミサイルのほとんどは米国は射程外だからです。ミサイルが届く範囲の米軍基地に反撃をするのは当然ですよね。

つまり、先制攻撃をしても米国本土にはほとんど被害は無いですが、日本は甚大な被害が起こる可能性が高いのです。

しかも、日本には戦争になった場合の備えが全くありません。韓国のような核シェルターはありませんし、被害に遭った後の保証もありません。

さらに大量の難民が流れ込んできます。北朝鮮市民には罪はありませんから、人道的に難民受け入れを拒否することは出来ないでしょう。そして、一部の難民が日本への復讐を企みテロを起こす可能性もあるんですよね。

こういった状況で本気で先制攻撃を支持する日本人がいるなら、無知と言わざるを得ません。

トランプがまともなら現時点では先制攻撃はありえない

「先制攻撃の準備が整った」というアナウンスがあったわけですが、本当にそうでしょうか?

韓国・ソウルには6万人の在韓米国人がいるとされていますが帰国命令は出ていません。自国民を見殺しにして先制攻撃などあり得ないわけです。

その他にも20万人もの在韓外国人が住んでいるわけで、彼らの帰国が完了しないうちは先制攻撃は出来ません。もしやれば世界中が米国を敵視することになり、国際的に孤立する事になりかねません。

そして、100万人が犠牲になると言われている韓国が許可する可能性は限りなく低いでしょう。ソウル市民が避難したとしても、首都が壊滅すれば韓国経済は崩壊します。世界経済にもどこまで被害が及ぶか分かりません。

だから、トランプ大統領にまともな判断力があるならそう簡単には先制攻撃は出来ないのです。

先制攻撃があるとすれば米国への攻撃が確実視された時か、韓国や日本への犠牲無く先制攻撃が可能だという明確な根拠がある場合だけだと思います。

 - 雑記