政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

【北ミサイル発射】安倍首相「更に脅威増した」、この状況で頼りない稲田防衛相を解任しないことと、弾道ミサイル落下CMに違和感

      2017/07/06

4日午前に再び北朝鮮からミサイルが発射され排他的経済水域に落下したようです。

これについて安倍首相は「度重なる国際社会の警告を無視するものだ。今回のミサイル発射は、さらに脅威が増したことを明確に示すものだ」といつもと変わらぬ発言をしました。

ミサイルの精度が高まっているという点では脅威が高まったと言えるかも知れませんが、本当に北朝鮮は脅威なのでしょうか?日本政府の対応を見ていると『違和感』を感じます。その理由について説明していきます。

「脅威」と言う割に頼りない稲田防衛相を解任しない

一番の『違和感』は稲田朋美防衛相を解任しない事です。

『かつてない危機』と言わんばかりに北朝鮮の脅威を煽る割には、『かつてなく頼りない』稲田防衛相を使い続けるんですよね。

稲田防衛相は数々のトラブルを起こしてきました。

記憶に新しいのは都議会選の応援演説で「自衛隊としてもお願い」などと発言し、自衛隊の私物化(違法行為)が問題にされました。その後撤回しましたが、それでセーフというのはおかしいですよね…。

また、南スーダンのPKO派遣の日報問題でも、防衛省が「破棄した」と発表したものが後に自衛隊で見つかり、「隠蔽行為だ」「自衛隊を指揮するにはあまりに頼りない」などと批判が上がりました。

他にも森友学園問題では「記憶違い」などとして責任から逃れたり、国会答弁で矛盾を突かれると泣き出したりするなど、防衛相であることが不思議でなりません…。

こういう人を解任せず使い続けるのは、本当に日本が危機的状況なら大問題です。安倍首相の危機管理能力の無さを露呈したも同然ですからね。

裏を返せば「実はそこまで切迫していない」ということかも知れません。

弾道ミサイル落下危険のCMの不可解さ

先日から内閣府が『弾道ミサイルが落下した時の対処法を説明するCM』を流し始めましたが、これも全くもって不可解なんですよね。

CMを流して国民の不安を煽る前に、信用が全くない稲田防衛相を解任すべきなのに何故かそれをしない。明らかに矛盾しているわけです。CMで不安だけ煽って肝心の防衛相が使えないでは話にならないのです。

また、仮に日本に弾道ミサイルが落下する事があれば、安倍外交の致命的な失敗を意味します。ミサイルを撃たせない、落下させない為の『日米同盟』であり『抑止力』なのですから。個人的には多くの国がやっている様に北朝鮮と国交を持ち関係改善に注力すべきだったと思います。

国民の不安を煽れば支持率が高まる

安倍首相が稲田防衛相を解任しないのは、やはり「そこまで事態は切迫していない」という事なのだと思います。北朝鮮だっていきなり日本領土にミサイルを撃ち込む理由はありませんからね(そうなったら戦争が始まり確実に北朝鮮は滅びます)。

切迫した状況では無いが、あえて国民に対しては危機感を煽ります。そうすることで『脅威に立ち向かう強い首相』を演じる事が出来るわけです。結果、支持率が高まるのです。

そもそも日本を射程に収めた弾道ミサイル『ノドン』は20年以上前に完成しているんですよね。それを今になって大騒ぎするのは政治利用だと疑ってしまいますね。

北朝鮮が世界征服を企むとは考えにくい

一部では北朝鮮が世界征服でもするかの様な事を言っている人がいますが、あり得ないでしょう。

北朝鮮のミサイル技術が発達したところで、米国に追いつくことは絶対にあり得ませんし、戦争になれば国土の狭い北朝鮮はあっという間に壊滅します。

ですから、北朝鮮はあくまで『抑止力』の為にミサイル実験・核実験をしているのでしょう。

全ては米国が引き金を引くかどうかにかかっている

そもそも北朝鮮問題がここまで騒がれ始めたのはトランプ大統領就任後です。米国が「このまま実験を繰り返せば先制攻撃をしかける」などと言った事が事態を大きく動かしてしまったんですよね。

抑止目的で『先制攻撃する』と言ってるのならまだ良いですが、何度も戦争を仕掛けているのは米国です。

しかも、イラク戦争は「核を持ってるに違いない!」という理由で起きましたが、実は持っていませんでしたし、湾岸戦争は嘘の証言で世論誘導し戦争がはじまったわけです。

さらにアメリカはシリアのアサド政権を倒す為に、反政府勢力に武器をばら撒きました。その武器はイスラム国(IS)にも渡る事になり、今の世界的な脅威を生み出してしまったわけです。

今まで正義の名のもとに好き放題やってきたのがアメリカです。

しかし、そんなアメリカでも先制攻撃して同盟国である日本や韓国に壊滅的被害を与える覚悟は無いと安倍首相は思っているのでしょう。それか、裏では「先制攻撃は絶対しない」というやり取りがあるのかも知れません。

 

 

 - 雑記 , ,