政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

NHKネット同時配信における受信料支払いについて疑問

      2017/06/30

2019年からNHKのテレビとネットの同時配信が実現するかも知れないという話題が挙がっていますが、そうなった場合の受信料の徴収についての中間答申原案がまとまったようです。

ネット同時配信の受信料は地上波と同額の2,520円(2か月)、世帯単位での支払いとし、既に地上波の受信料を払っている人からは徴収しないなどとしています。

疑問:スマホやPCを持ってるだけで受信料支払い対象になるのか?

国民が一番気がかりなのは、「テレビと同じように設置しているだけで受信料を取られるのではないか?」という事ですよね。毎日新聞の記事によるとこうあります。

スマートフォンなどでネット受信アプリのダウンロードなどの手続きを済ませた者を対象とする方針も盛り込んだ

アプリのダウンロードなどを手続きを済ませた者とあるので、一応は強制ではないということでしょう。今のところはですが。

ネット同時配信を見るために契約する人は稀だろう

ただ、これだとNHKの利益はほとんど見込めないと思うんですよね。

地上波を受信している人は無料で利用出来るので利用するかも知れませんが、そうでない人が2,520円(2か月)払ってまで見ようと思うでしょうか?

NHKの番組を見たければNHKオンデマンドで見れば済む話なんですよね。NHKオンデマンドなら見たい番組を好きな時間に見れるのでネット同時配信より利便性も良いのです。

利益確保の為に強制徴収は起こり得るかも

ネット同時配信は自分で好きな番組を選べない劣化版NHKオンデマンドです。これでは利用しようと思う人は少ないでしょう。

当然、NHKとしては何とかして利益を確保しようと思うわけですから、結局はテレビと同じようにスマホやPCを持っているだけで受信料を支払わなければいけなくなる可能性が十分に考えられます。

国民が望むのは見る人だけが受信料を支払うスクランブル化

産経新聞の世論調査によると国民の88%が「見る人だけが受信料を支払うスクランブル化を行うべき」と答えているんですよね。

NHKこういった国民の意見を無視するだけではなく、更なる利益を貪るべくネット同時配信を目論んでいるわけです。

以前は、電波が不安定でまともに表示すらされない『ワンセグ』を所有しているだけでも受信料支払いを求められました。まともに見る事すら出来ないのに受信料を取るという詐欺まがいの事が横行していたんです。

NHKの番組の質は民放よりも良いのかも知れませんが、受信料の徴収方法はヤクザや詐欺師と変わらないのは深刻過ぎる問題です。

公平性を理由にスクランブル化を拒否するな

NHKは「公平な放送が出来なくなる」という理由でスクランブル化を拒否しているわけですが、これもふざけた話だと思うんですよね。

スクランブル化にしようがしまいが見ない人は見ないんです。見ない人にとっては公平性などどうでもいい事なんです。

そこまで公平性を求めるなら受信料を支払っている人の間で公平性を保てば良いだけの話なんです。

スクランブル化しないなら解体すべき

そもそも、現時点で公平性に欠けるという声は多いので論理は破綻しているんですよね。

だったらいっその事、民放のようにスポンサーを付けてしまえばいいと思います。スポンサーの意思が介入するのが嫌だというならスクランブル化をすべきです。

身勝手な理由でスクランブル化も民営化を拒否するならNHKは解体すべきです。

なお、「国営化すべき」という声もありますが、これには反対です。理由は言うまでもなく北朝鮮の放送を見れば分かる事でしょう。

 - 雑記