政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

【皇位継承問題】男系死守?女系容認?天皇を敬うなら国民があれこれ口出しすべきではない

   

最近よく「女系天皇は認めるべきではない男系を死守すべき」、「女性天皇は認めるが、女系天皇は認めない」と言った声を耳にするようになりました。いわゆる皇位継承問題です。

今回はこの事について私の意見を述べようと思います。

そもそも「女性天皇と女系天皇の違いって何?」という人も多いと思うので、まずはこれについて簡単に説明していきます。

女性天皇と女系天皇の違い

女性天皇とは簡単に言ってしまえば「女性の天皇」です。
例えば今後、愛子さまが天皇に即位されれば女性天皇が誕生という事になります。なお、女性天皇に反対する人はあまりいません。

女系天皇は「母のみが皇統に属する天皇」を指します。
例えば、愛子さま、眞子さま、佳子さまは皇統に属しますが、結婚相手が一般人である場合、「母のみが皇統に属する」と言う事になります。つまり、その2人の間に生まれた子が天皇に即位した時に誕生するのが女系天皇ということになります。

今、この女系天皇の誕生に賛否が分かれているんですよね。

女系天皇の何が問題なのか?

では一体、女系天皇の何が問題なのかという事になりますが、簡単に言ってしまうと「1500年続く天皇家の伝統が途絶える」からです。男系で1500年間続いてきた国は日本ぐらいなのでそれを誇りに思う人は多いようです。

ただ残念なのが「女系になったら普通の国と同じだ」というように、他国を見下す為の材料にしている人が多いのも現実なんですよね。

天皇を敬うならば男系か女系かは皇室が決めるべき

意見が色々あるのは良い事ですが、個人的に問題に思うのが「皇室の意思よりも国民の意思が優先されてしまっている」という事なんですよね。

「伝統」だとか「誇り」というのはあくまで国民目線の事です。この皇位継承問題は皇室の人生を左右するわけですから皇室が決めるべき事であり、国民が口出しする事ではないと思います。天皇陛下を敬うのであればなおさらです。

 - 雑記 ,