政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

米軍が北朝鮮を空爆する可能性高まる。報復被害に遭う可能性が高いのは日本。

      2017/04/13

先日、北朝鮮が再び弾道ミサイルを日本海に向けて発射しましたが、遂に米国の堪忍袋の緒が切れたかも知れません。

ティラーソン米国務長官は「北朝鮮がまた新たに中距離弾道ミサイルを発射した。米国はこれまで北朝鮮に関して十分に発言してきており、これ以上、コメントすることはない」などと言っています。

これはつまり、軍事行動を示唆する発言である可能性があります。

日本の感覚では「空爆なんてするわけない」と思うかも知れませんが、この状況はイラク戦争が起こる前も似た様な状況だったように思えます。米国がイラクに警告したにも関わらず意向に沿わなかったことでイラク戦争が起きたわけです。だから、米国が空爆を行う可能性は否定できません。

空爆を行なえば必ず報復が起こる。そしてその標的は日本である理由

米軍が空爆で先制攻撃をしたところで、北朝鮮を壊滅させることは不可能です(それが出来るならイスラム国はとっくに壊滅しているわけですから)。

先制攻撃で壊滅出来ない以上、反撃・報復は必ずあるわけです。

報復により真っ先に狙われるのは、北朝鮮に最も近い韓国の在韓米軍基地でしょう。そして、次に狙われるのが沖縄の在日米軍基地ですね。北朝鮮からすれば自国に近い脅威から潰していく事は戦略上当然の事ですから、米国の空爆の報復被害に遭うのは米国本土ではなく沖縄なんです(そもそも現段階では北朝鮮のミサイルは米国に届きません)。

なりふり構わず核兵器を使う可能性も

空爆をしたら北朝鮮がなりふり構わず核兵器を使う可能性すら出てきます。

先進国は核保有国が多いですが人道的理由等で核兵器は使いません。あくまでも抑止力として保有しているだけなんです。

しかし、北朝鮮は普通の国家とは異なる思想に基づき成り立っているので、報復として核兵器を利用する可能性は否定できないんですよね。

もし核ミサイルが使われれば、沖縄米軍基地どころの話ではなくなります。沖縄そのものが壊滅します。首都圏に撃たれたら日本はお終いです。

何があっても戦争だけは回避しなければならない

戦争で北朝鮮を壊滅させることは出来ても、日本に1発でも核ミサイルを撃ち込まれたら実質負けです。戦争に勝てても、何万、何十万、何百万もの犠牲が出たら意味が無いんです。だから、戦争だけは回避しなければなりません。

メディアによると、いきなり空爆ということではなく、まずは中国に打診することで北朝鮮に圧力をかけるのではないかと言われていますが、そうであることを願うばかりです。

また、北朝鮮問題で脅威に晒されているのは米国、韓国、日本ぐらいです。多くの国は北朝鮮と国交があり、敵対しているわけではないんですよね。これまで北朝鮮と国交断絶し続けてきた日本政府の判断が本当に正しかったのか疑問に感じます。

そもそも北朝鮮はアメリカを攻撃する為に軍事力拡大をしているのか?

北朝鮮がミサイル実験、核実験を繰り返すのはアメリカを倒し制圧するためでしょうか?

違います。
いくら北朝鮮が軍事力を強化したところでアメリカには絶対勝てません。核を使えばダメージは与えられてもアメリカ全体の一部にだけでしょう。軍事規模から軍事費から桁違いなんですよね。

だから北朝鮮からアメリカに攻撃を仕掛ける事は絶対ありません。わざわざ自分から負け戦に挑む理由が無いんです。

では何のために軍事力拡大をしているのか?

他の国と同じく抑止力や外交の為です。北朝鮮には他の分野で優位に立てるものが無いので軍事力で対等な立場に立とうとしているわけなんです。

なので、アメリカから北朝鮮に攻撃を仕掛けない限りは致命的な事態になるという事はまずありえないと考えられます。いずれは北朝鮮が軍事力を武器に日本に不利な交渉を持ちかけられる可能性はあるかも知れませんが、時間的な猶予があれば様々な対処を考える時間が生まれますし、最悪の事態を迎えるよりはマシではないでしょうか。

時にはアメリカにNOを突き付けなければ国民が犠牲になる

先日の米国によるシリア攻撃を日本政府が根拠無しに支持したことが明らかになりましたが、米国が北朝鮮を攻撃するとなった時も支持してしまうのでしょうか?

【北朝鮮への攻撃=日本への報復】を意味します(米国には北朝鮮のミサイルは届かないので米軍基地のある日本が報復を受けます)。これを支持するという事は、米国を守る為に日本人を犠牲にするという意味でもあるんですよね。

今回の様に根拠無しに支持すればそれこそ「売国奴」です。絶対にそんな事はあってはなりません。

シリア政府軍が化学兵器を使用したのは本当か?過去にアメリカがどうやって戦争を起こしてきたのか知るべき

蛇足になりますが、化学兵器の使用を理由にアメリカのシリア攻撃を支持した日本ですが、そもそも化学兵器を使用したのが本当にシリア政府軍だったのかという疑惑があがっています。

現時点では化学兵器を誰が使用したのか判明していないんですよね。つまり、アメリカが支援する反政府軍が使用した可能性もあるんです。そうだとすれば、アメリカによるシリア攻撃は非人道的であり、それを根拠無く支持した日本の責任は非常に重いでしょう。

私がここまで言うのには「とある根拠」があります。

アメリカはまだ記憶にも新しい2003年の「イラク戦争」、1991年の「湾岸戦争」を起こしています。これらの戦争が起きた理由を知ると、今回のシリア攻撃についても疑念が生まれてくるのは仕方が無いことです。

イラク戦争はイラクの核保有を疑ったことで開戦しましたが、結局イラクは核を持っていなかったんです。つまり、アメリカの誤認で戦争を行い、多くの犠牲者を出したのです。イラクと言えば石油資源が豊富なことで有名です。つまり、石油利権の為に故意に開戦の理由にした可能性もあるわけです。

湾岸戦争はもっと酷いです。この戦争のきっかけとなったのは「ナイラ証言」と呼ばれる15歳の少女による下記の証言。

「私は12人の女性と共に、アッ=ラダン病院でボランティアをしていました。私が最年少のボランティアで、他の女性達は20-30歳でした。イラク軍兵士が銃を持って、病院内に押し入るのを目にしました。保育器から新生児を取り出し保育器を奪うと、冷たい床に新生児を放り出し死なせてしまいました。(泣きながら)怖かったです。」

出典:http://green.ap.teacup.com/pekepon/1221.html

この証言によりアメリカ人の正義感に火が付き「蛮行を行うイラクと戦うべきだ」という意見が大多数を占め開戦に至ったのです。

しかし、この証言はアメリカの広告代理店による全くのデタラメである事が後に発覚しました。つまり、アメリカの手によって戦争するように仕向けられたんです。このことを当時のブッシュ大統領が知っていたのかは不明ですが、知らなかったでは済まない問題です。

さらにアメリカはアサド政権を倒すため反政府軍に武器をばら撒きました。そうして誕生したのが史上最悪とも言えるテロ集団イスラム国(IS)なんです。

一度ならず二度も誤った戦争を起こし、さらに史上最悪のテロ集団まで生み出したアメリカを信じろという方が無理があるのではないでしょうか?

これを根拠も無く支持してしまった日本政府・安倍政権の判断に疑問を感じざるを得ません。

日本人の命を最優先した選択を!

アメリカがアメリカ国民を第一優先に考えて行動するように、日本は日本人を第一優先に考えて行動すべきです。現段階で北朝鮮を攻撃するのは、北朝鮮のミサイルが届かないアメリカにとっては反撃のリスクが少ない最良の選択かも知れませんが、ミサイルが届く日本にとっては致命的な被害を受けかねないとてもリスクの高い選択なんです。

中国が平和的解決を主張で、米国による攻撃は延期か?

4月12日の報道によると、中国の習近平国家主席はトランプ大統領に対し「平和的方式での解決」を訴え、トランプ大統領は「北朝鮮の脅威について、中国主席と非常に良い電話(会談)をした」とツイッターで発言しました。

しばらくは中国が北朝鮮に平和的解決を持ち掛け、米国による北朝鮮攻撃はストップという事になりそうですね。

互いに「攻撃の意思は無い」という確証が持てれば、武力をチラつかせて緊張を煽る必要もないわけです。ここは中国が上手いこと間を取り持って欲しいですね。

米国による北朝鮮攻撃が起きてしまえば、運良く日本に報復被害が無いとしても、大量の北朝鮮難民が日本に押し寄せるのは確実なんですよね。その中には自国を崩壊させた米国の同盟国である日本を恨む人も出てくるでしょうから、テロなどの新たな脅威に備える必要が出てきます。

そう考えると北朝鮮を攻撃する事は日本にとってデメリットがかなり大きいんですよね。難しいかも知れませんが、中国の言う平和的解決に望みを託すのが最良だと思います。

 - 雑記 ,