政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

核武装や敵基地攻撃能力で本当に日本は安全になるのか?

   

国民の意見が二分する日本の核武装や敵基地攻撃能力の保有。

ネットの意見を見ると「反対するのは反日勢力だからだ!」という声も多いです。彼らは本当に反日勢力だから反対しているのでしょうか?

核武装や敵基地攻撃能力で日本が安全になるという確信があれば反対する人は限りなく少なくなる

核武装や敵基地攻撃能力に反対する人の多くは、「逆に日本が危険なるのではないか?」という不安感から反対しているんですよね。実際、私もどちらかと言うと反対よりの意見です。言い換えれば、日本が安全になるという確証があれば核保有も敵基地攻撃能力の保有にも賛成です。

「日本が安全な国であって欲しい」という想いは賛成派・反対派問わず共通です。なぜなら、動物的本能が安全を求めているからです。

政府がデメリットを説明しないから国民の不安が高まる

先日、自民党が敵基地攻撃能力の保有を直ちに検討するよう政府に求めました。そして安倍首相は「北朝鮮がミサイル発射を続けるなど新たな脅威の段階に入った。政府は政府として受け止めて対応をしていきたい」と発言しました。

緊急性を理由に安保法案の時の様な強行採決が行われそうな気がしますが、敵基地攻撃能力に関しては相当慎重に考えなければ命取りになると私は考えます。

このタイミングで敵基地攻撃能力を保有する事になれば、北朝鮮は「日本は我々の核施設を破壊しようとしている。何としてでも阻止せねば」という考えに至り、日本を攻撃する動機になりかねないからです。

敵基地攻撃能力を保有する事は北朝鮮にとって脅威ですから、その準備が整う前に破壊活動を行う可能性が出てくるわけです。それこそが敵基地攻撃能力を保有する事の最大のデメリットです。イラク戦争が起きた理由もアメリカがイラクの核保有(攻撃能力)を疑ったことが始まりですからね。攻撃能力を持つという事はそういう事です。

敵基地攻撃能力に関しては国民の半数以上が賛成していますが、賛成派の人も「デメリットは無いのか?」と不安に感じている人は多いはずです。

政府はメリットばかりではなくデメリットも話し、そして、そのデメリットを回避する為にどういった対策を講じるのかという事も徹底的に国民に説明すべきだと思います。あらゆる策を講じてデメリットを極力無くしていくことが大切です。

 - 雑記