政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

安倍首相「辻元議員が証明しないなら自分もしない」という国民無視の態度。一体誰の為に政治をしているのか?

   

森友学園問題で籠池理事長夫人のメールに民進党辻元清美議員の名前が挙がったことで窮地に追い込まれている民進党ですが、安倍首相がここぞとばかりに発言しました。

安倍首相「これは、御党の辻元さんも同じことが起こっている。これ一緒にするなとおっしゃいますが、そんなことはなかったと、辻元議員は真っ向から否定しているわけです。これも証明しなくてはいけないことになるわけですが」

これについて安倍首相にさらなる不信感を覚えました。

民進党の失態を利用して説明責任から逃れる安倍首相

要するに安倍首相は「辻元議員が証明しないなら、私も証明しない」と言っているわけです。

安倍政権は一体誰の為に政治をしているのでしょうか?

国民の為に政治をしているという自覚があるなら、民進党に関係なく説明責任を果たし国民を納得させるべきです。

確かに、民進党が昭恵夫人の証人喚問を要求しておいて、辻元議員に疑惑が出てたら知らん顔というのはふざけた話です。だから民進党は支持されないのでしょう。

しかし、自民党・安倍政権の今回の主張は「自民党も民進党と同レベルに酷い党です」と言ってるようなものなんですよね。

元々支持率の低い野党が不誠実な対応をしても「だから支持されないんだよ」で済むかもしれませんが、影響力の大きい与党が不誠実な対応をすれば国民に対する不利益もそれだけ大きいわけです。

また、ネットでは森友学園問題で与党と野党が「攻守逆転」などと言われていますが、そういう問題じゃないんですよね。

勝ち負けがどうこう言ってる時点で、問題の本質が分かっていないんですよね。このままだと一方が「悪者に仕立てて終わり」なんて事になりかねません。

 - 雑記