政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

森友学園 籠池氏の証人喚問で自民党が完全敗北した理由

   

23日に行われた森友学園理事長籠池氏の証人喚問は自民党の完全敗北と言って過言では無いと思います。何故私がそう思うのか説明します。

なぜ自民党は籠池氏を証人喚問したのか?

今回の証人喚問のきっかけは「寄付金」です。

籠池氏は昭恵夫人から「安倍晋三からです」と100万円を寄付されたと主張しているわけですが、自民党は「安倍首相は違うと言ってる。根拠の無い発言は名誉棄損だ」と反発し、安倍首相の潔白を証明する為に証人喚問を行ったわけです。

自民党は、「嘘を付けば偽証罪に問われる証人喚問なら言葉を濁すはずだ」と籠池氏を甘く見ていたのでしょうね。

自民党の質問内容も真相究明というよりも、籠池氏に全ての問題があると端から決め付けている様な印象を受けました。つまり、「寄付はデマで我々自民党は被害者なんですよ。」と印象付けて幕引きを図ろうとしていたと推測できます。

しかし、自民党の思惑は外れてしまいました。

証人喚問しておいて「根拠無し」発言は自民党の敗北を意味する

自民党の予想を裏切って、籠池氏は言葉を濁すどころかハッキリと「寄付はあった」と断言しました。

また、昭恵夫人の秘書が関与していた事を表すFAXも提出されたわけです。これについて、菅長官は「秘書が照会に動いたのは事実だが、昭恵夫人は関与していない」と主張しましたが、秘書の独断で照会に動くというのも怪しいんですよね。

証人喚問が終わり自民党は「根拠の無い発言。昭恵夫人が関与してない事は明らかになった」という旨の発言をしましたが、これは自民党自身の首を絞める発言なんですよね。

なぜなら、根拠の無い発言をされた事を理由に証人喚問を行ったはずなのに、「根拠が無い」で締めてしまったら一体何の為に証人喚問をしたのか?という事になってしまうわけです。

証人喚問での証言は証拠に限りなく等しいものなんです。その為に偽証罪という重い処罰(最大10年の懲役)があるわけですからね。「根拠が無い」で切り捨ててしまったら証人喚問の存在意義自体が無くなります

もちろん、籠池氏が真実を言っている保証はありません。しかし、嘘を付けば罪に問われるステージに立たせておいて、都合の悪い意見は「根拠無し」で切り捨ててしまうのはあまりに酷い対応です。「根拠が無いから偽証に決まってる」とレッテル貼りしている様なものですからね。

昭恵夫人はフェイスブックで反論しましたが信憑性に欠けます。私人である籠池氏には偽証罪をチラつかせて、昭恵夫人は何とでも言えるフェイスブックで済ませてしまうわけですから。

籠池氏は法的責任を背負って証言をしたわけですから、昭恵夫人やその他関係者も法的責任を背負って証人喚問に応じるべきではないでしょうか?

そういう姿勢が一切見られない現状は、自民党の完全敗北を表していると思います。

そして、一番重要なのが8億円の値引きの真相

与党も野党も安倍擁護、安倍批判ばかりで何故かここを追求しようとしないのは不自然なんですよね。追及すると多くの政治家に飛び火するからなのではと勘ぐってしまいますよね。

 - 雑記 ,