政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

愛国教育は不要!日本が誠実な国であれば自然と愛国心は身に付く。なぜそれに気が付かないのか?

   

数々の問題を起こすなどして渦中にいる森友学園。

政治家絡みの問題、児童虐待疑惑、騒動後の対応など、本当に酷い団体というのが率直な感想ですが、驚きなのが愛国心教育に力を入れている点です。その為、保守・右翼思想の人に人気があるですよね。安倍首相が森友学園の教育方針を賛美し、安倍昭恵夫人が名誉校長に就任するぐらいですからね(騒動後は辞任、ホームページからも記載削除、既に無かった事にされています)。

今回は安倍首相始め多くの愛国者が支持する「愛国心教育の必要性」について個人的な意見を述べます。

ちなみに以下の動画は森友学園塚本幼稚園の愛国教育の模様です。これを安倍夫妻が絶賛しているわけですから「ここは北朝鮮かよ」とツッコミたくもなりますよね。なお、竹田恒泰氏や田母神俊雄氏らも絶賛し、ホームページ上に紹介文が記載されていたようですが騒動後削除されたようです。

愛国心教育は不要。教育は洗脳を意味する

結論から言ってしまうと愛国心教育なんてものは不要です。愛国心教育=洗脳だからです。

極論のように思えるかも知れませんが、国家を両親に例えるとその異常性が鮮明になります。

もし、子を持つ親が「私たちを好きになりなさい」などと自分の子供に言い聞かせていたらどう思いますか? ましてやモラルに問題があるような親がこれを言ってたらどうでしょうか?教育ではなく洗脳という言葉の方がしっくりくると思いませんか?

誰からも尊敬される立場の人が愛国心教育をするのはまだ分かります。しかし、人間には欠点が必ずあります。森友学園のように不正を働く場合もあれば、極右団体やネット右翼(ネトウヨ)のように人種差別(ヘイトスピーチ)を行う場合もあります。

そういう人がいる以上、愛国心を教え込むというのは、日本の欠点・問題点に目を背けて、都合の良い部分しか見れない人間を生み出すことに繋がると思うんですよね。

国家・国民が誠実であれば自然と愛国心は育つ

先ほどの両親の例えでいえば、人間的に優れた両親は教えなくても自然と子供に好かれます。当然ですよね。良いものは良いと感じ、好きなものは好きと感じるのが人間なのですから。

同様に、国家や政治家・国民が誠実で誇れる存在なら愛国心は自然と育ちます。

例えば、「おもてなし」の言葉が流行ったように日本のサービス業のきめ細やかさは世界トップクラスです。食の安全・美味しさもダントツでしょう。純粋に「日本人で良かった」と思える部分だと思うんですよね。

逆に、政治家の不正だったり、在日外国人へのヘイトスピーチ・人種差別なんかを見るたびに「日本人して恥ずかしい」「日本のこういう部分が嫌い」と思うわけです。

つまり、愛国心は国家・国民のあり方次第で変わっていくわけです。皆が日本に愛国心を持てるようにするには国家や国民が誠実である必要があります。教育するのではなく教育者自身が変わる、それが一番の愛国心教育だと思います。

 - 雑記 , , , ,