政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

トランプ大統領誕生に伴い日本は中国に尖閣諸島を譲る必要性が出てきた

      2016/11/10

まさかのドナルド・トランプが大統領になりましたね。

日本にとっては意外でも、米国にとっては必然だったのかも知れません。「世界の警察」として中国やロシアと対立する現状は、日本にとっては良くても米国にとっては荷が重すぎるからです。

「都民ファースト」の小池百合子が当選したわけですから、「アメリカファースト」のトランプが当選するのは不思議ではありません。

何を言っても始まりません。
トランプが大統領になった以上は日本も柔軟に対応していかなければなりません。

米国に依存し過ぎな日本が今こそ方向転換すべき時

日本はあらゆる部分が米国に依存しています。防衛も経済もです。

これまでの様に「米国の核の傘に入っているから安全だ」なんてことは言っていられません。トランプが「アメリカファースト」である以上、アメリカの利益になるなら日本よりも中国を優先する可能性もあるわけです。

つまり、日本と中国が有事になっても米国はアテに出来ないということです。

こうなってしまった以上、安保法制が日本の国防に役立つのか怪しくなってきたわけですから見直す必要があるでしょうし、対立を深めている中国との関係を改善するような方針転換が必要になるのではないでしょうか。

場合によっては尖閣諸島を折半するなり譲るなりして関係修復をすることが選択肢の1つになるかもしれません。今まではアメリカという巨大な後ろ盾があったから強気の姿勢が見せてこれたわけですよね。

妥協すべき所は妥協する決断も今後日本には求められてくると思います。

長いスパンで見ればトランプ大統領誕生は日本にってプラスかもしれない

トランプが「アメリカファースト」を掲げている以上、日本がアメリカから自立する時はいずれ来るでしょう。

最初のうちは混乱が生じると思いますが、アメリカの顔色を窺うことなく日本独自の判断が可能になるという事でもあるんですよね。

アメリカが「アメリカファースト」なら、日本は「ジャパンファースト」を目指せば良いのです。

各方面で「トランプが大統領になったら日本にはデメリットしかない」と言われていますが、メリットを生み出せるかどうかは日本次第ではないでしょうか?

これまで以上に韓国・中国・ロシアに関係を深め、出来る事なら北朝鮮とも関係を深めていく事が日本の国益に繋がっていくと私は思います。

 - 雑記 , ,