政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

首相、保育士来年度から6,000円アップを表明。庶民事情を全く理解してない・・・

   

26日、安倍首相が来年度から保育士の給料(月収)を6,000円アップすることを表明しました。

待機児童問題の大きな原因ともいえる保育士の待遇を来年度から改善していくようですが、たったの6,000円って、当初言ってたよりも下がっていますよね…。

それに、今後増税も予定されていますし、物価も上昇していくことを考えれば6,000円で保育士の待遇が改善されるどころか悪化する可能性すら予想されます。

財源の問題はあるとはいえ野党の5万円アップ案の方が意味のある政策だと思います。

そもそも、全職種の平均月収よりも10万円も低いと言われている保育士の給料がたった6,000円増えたところで、「よし、保育士になろう!」なんて人がいると思いますか? 一人暮らしでも相当厳しい額なのに、子供を養う必要がある人であれば保育士で生計立てるのは絶望的です。

首相は技能・経験を積んだ人は全職種との賃金差を無くすようにするとも言っていますが、そうなるまでの期間の生活が成り立たない以上、保育士になろうと思う人は増えません。

真面目な話、首相は1か月だけでも平均より10万円低い保育士の給料で生活ずべきです。そうすれば現状がリアルに感じられるハズです。

 - 雑記