政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

テロを移民反対の口実にするな。ただの”こじ付け”でしかない。

   

先日のベルギー起きたテロを始め、フランスやトルコなど世界各地でテロが起きてます。そして、このテロをきっかけに保守・右翼が外国人の移民や難民の受け入れに反対しています。

しかし、テロを理由に移民・難民受け入れに反対するのは”こじ付け”でしかありません。テロを”利用して”移民・難民受け入れに反対しているに過ぎないのです。

移民や難民受け入れを禁止してもテロは全く防げないどころか悪化する理由

移民や難民受け入れを規制したところでテロは防げません。

なぜなら”旅行”でいとも簡単に入国出来てしまうからです。

当然、旅行は移民するよりハードルが低いわけです。例えば、日本人の8割は海外旅行の経験があるように旅行のハードルはとても低いですが、日本から外国に移り住むのはとてもハードルが高いですよね。

難民であることを利用してテロリストが入国?

ISIS(イスラム国)のような組織であれば、テロを行う為の渡航費用は組織が負担するでしょうし、そもそも、自爆テロを行うのであれば全財産を渡航に費やしてもなんら問題は無いわけです。

なので難民受け入れを拒否したところで、困るのは本当の難民だけであり、テロリストにとっては何の障害にもならないのです。

むしろ、そういった排外行為を行えば差別行為として受け取られ、これまで友好的だった人までが憎悪し、新たなテロを生み出すことになりかねません。

つまり、移民や難民の受け入れを拒否することは、逆にテロのリスクを高めるだけなのです。

鎖国でもしない限りテロリストの入国を防ぐことは不可能

先ほども言ったように”旅行”が出来てしまう以上テロは防げません。

では、特定の人種・宗教だけ入国禁止にしますか?
それでテロが防げますか?

全く防げません。

いま一番脅威のテロリスト集団といえばISISですが、彼らは世界各国の賛同者によって構成された組織なので、特定の人種や国籍を条件に入国を拒否することは全くテロ抑制にはならない事が分かりますよね。

また、イスラム教徒だけを入国禁止することも全く意味がありません。なぜなら「無宗教です」と申告すれば入国出来てしまうからです。

つまり、外部からのテロリスト侵入を防ぐには、あらゆる人種の入国を禁止する『鎖国』でしか実現できないということです。

もちろん日本を始め多くの国々は、外国との貿易や交流によって成り立っている為、鎖国すれば国が破綻してしまうので非現実的です。

そもそも日本人がテロリストになる可能性だってある

鎖国して外部からの侵入を防いだとしても、内部で起こるテロは防げません。

日本には200万人もの在日外国人が住んでいます。彼らを追放しますか?

そもそも、テロは思想の対立によって引き起こされる問題であり、ISISが多国籍組織であることから分かるように、日本に住む日本人がISISに賛同してテロを起こす可能性だってあるわけです。そもそも、現に日本人数名がISISに参加していることが判明してニュースになりましたよね。

つまり、テロは規制でどうこう出来る問題では無いということです。

テロのリスクを減らすにはこちらの記事で書いたように、思想の対立を生まないように互いの価値観を尊重し合うことが大切です。

もちろん、既にそれで何とかなるレベルを超えてしまっているので、最大限の警戒は必要ですが、それと同時に、少しずつでも相手の価値観を理解していき、なぜテロが生み出されるのかを真剣に考えていくことが必要です。

 - 雑記 , ,