政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

自民党が安保法制反対派のSPEED今井絵理子を擁立。票の為なら信念を捨てるのか?

   

驚きました。
自民党が沖縄出身のダンスボーカルグループSPEEDの今井絵理子さんを擁立だそうです。

今井さんが正解に進出すること自体は構いませんし評価したいと思います。

しかし、自民党のこういった行動は政治の質を下げるだけ思うんですよね。票稼ぎの為に芸能人を利用しているとしか思えないのです。

今井さんは障害のあるお子さんがいて、さらには何かとニュースになる沖縄出身者です。自民党がそういった背景を利用して票を得ようしているのが感じられ、気持ち悪さを感じざるを得ません。

もちろん、自民党に限らず芸能人を擁立した党はありました。例えば、民主党が柔道の谷亮子さんはを擁立したこともあったわけで、その当時も「有名人を利用して票稼ぎしている」と不信感を覚えたのは間違いありません。

しかし、自民党の信念の無さは民主党を遥かに上回ります。

政策の反対人物を擁立する自民党のいい加減さ

今井さんは自民党が強行採決するくらい推進している安保法制に反対なんですよね。ツイッターの発言がネトウヨ(ネット右翼)を中心に炎上したこともありました。

安倍政権の政策の中枢とも言える安保法制に反対している人を擁立するってワケが分かりませんよね。それなら、「あの強行採決は一体なんだったのか?」ってことになりますからね。

信念も何もあったものじゃないですよね。それこそ「票稼ぎ」の為に擁立しただけにしか思えないわけです。

票を集めるのではなく、信頼を得るべき

先日の甘利氏の収賄事件でも色々とボロが出ている自民党ですが、こういうことばかりだから国民は政治に不信感を持つんです。

今回の様な短絡的な票稼ぎなんてせず、まずは国民から信頼される誠実な政府、政治家を目指すべきではないでしょうか?

 - 雑記 , , ,