政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

愛国心とヘイトスピーチと日本の美徳。差別をする者に愛国を語る資格は無い。

      2014/09/18

patriotism-hate-speech

メディアでは定期的に自称”愛国者”による韓国・朝鮮人の反韓・嫌韓デモ、ヘイトスピーチが行われたと報じられています。差別行為はいかなる理由があろうとも許される行為ではありません。こうした活動が白昼堂々と行われることに一日本人として恥ずかしく思います。

 そもそも親韓=反日・売国奴という定義が間違い。

こういったデモを行う特定右翼は「左翼や親韓は反日・売国奴だ!」と主張しますが誤りです。韓国の良い部分を見て正当な評価をする、それの何が反日・売国なんでしょうか?もちろん今回起きた韓国の旅客船沈没事故でのパク・クネ大統領の対応や国旗を踏みつけるような行為は批判するべきでしょう。しかし、それを他の部分を否定する材料にするのはおかしな話です。

どの国にも誇れる部分とそうでない部分があります。一部のマイナス要素が原因で全てを否定するなら良い国なんて存在しません。

私は平和で穏やかでそれなりの自由が保障されている日本は好きですが、匿名であることをよいことにネットで無責任な発言や誹謗中傷を平然と行う日本は嫌いです。

あえて「自分は愛国心を持っている」と発言する日本人は少ないですが、海外の治安の悪さなどを目の当たりにすると「日本に生まれてよかった」と思う人が大半であるように愛国心は持っているわけです。口に出さないだけです。そして、自国を批判するのは日本を良くしたいという気持ちの表れです。

ヘイトスピーチこそ反日・売国行為ではないだろうか

反韓・嫌韓デモの全てがそうだとは言いませんが、デモの映像や記事を見る限り差別的な表現が目立ちます。「差別ではない。日本人として当然の主張をしたまでだ。」と反論する人も多くいますが、以下の発言を見てもそう思いますか(Wikipediaより抜粋)。

桜井誠(在日特権を許さない市民の会会長)
2011年11月16日東京都小平市朝鮮大学校前にて。「我々は朝鮮人を殺しに来た!我々は朝鮮人を殺しに来たのです!」
「新大久保のゴキブリの皆さんこんにちは!こちらは『全日本・社会の害虫を駆除しよう清掃委員会』のデモ隊です」「在日韓国人をテポドンにくくりつけ、韓国に打ち込みましょう!」

荒巻靖彦(チーム関西初代会長)
「このババーの顔、チョンコ顔。チョンコ。チョンコ。これがチョンコですよ!」「これ朝鮮人! 顔よう覚えてね。目の前ですれ違ったらどつき回したってください! 出て行けコラ! 売国奴!」

川東大了(在特会元副会長・チーム関西メンバー)
「出てこい、穢多ども。何人か聞いとるやろ、穢多ども、ここは穢多しかいない、穢多の聖地やと聞いとるぞ。出てこい、穢多ども、おまえらなあ、ほんまに日本中でなめたマネさらしやがって」

その他・名前のわからない人物
2013年3月24日大阪市。「日韓国交断絶国民大行進 in 大阪」のコーラーが叫んだ一節。「街中で韓国・朝鮮人を見かけたら、石を投げつけ、朝鮮人の女はレイプしてもいいんですよ!我々がやられてきたことです。目には目を、歯には歯を。朝鮮人をぶち殺しましょう!

いずれも日本では名の知れた保守・右翼団体です(最後を除く)。日本で国旗を燃やしたり反社会的な活動をしている韓国人に向けての発言なら自業自得で済まされるかも知れませんが、無差別(子供や女性にまで)にやっているわけです。そして、ネット上では平然とこのような発言をするネトウヨもいるわけです。差別以外の何物でもありません。

動画もあります。韓国・朝鮮人と思われる高齢の女性に対してしつこく詰め寄って暴言を浴びせています。

荒巻靖彦

また、これは差別行為ではありませんが右翼団体が老人に掴みかかっています。

在特会が老人を押し倒し物理的・精神的暴力行為を働く

愛国心の表現ために差別や誹謗中傷するぐらいなら愛国心など無いほうがマシです。このような身勝手な言動のせいで国内外から非難の目を向けられることを考えて欲しいです。

また、右翼の主張として在日特権を許すなというものがありますが、もし日本人より韓国人が優遇されている事実があるのなら、韓国人に対してではなく日本政府に訴えるべきでしょう。そういう制度を実施しているのは日本の機関です。韓国人が多く暮らすような場所でそういったデモをやるのは嫌がらせでしかありません。

ヘイトスピーチは未来ある子供への影響大

ヘイトスピーチをする人は「日本人は悪くない、悪いのは韓国人」そういう理屈で差別を正当化しています。そして、今やネット上ではそういった発言が容易に見つかります。

例えば、「韓国 良いところ」と検索すると上位に表示されるのは嫌韓・ネトウヨによる韓国に対する誹謗中傷です。韓流に興味を持った子供が韓国の良い部分をもっと知りたいと検索して目にする可能性が十分にあるわけです。未成熟な子供なら「韓国が悪い国だから大人が懲らしめているんだ」と受け取る可能性があるわけです。現に女子中学生がデモに参加し「朝鮮人を虐殺しろ」と叫ぶ事態にまでなっており、このことは韓国をはじめアメリカ・イギリス・カナダ・ベルギー・中国・台湾のニュースで報道されています(女性の名誉の為に動画掲載は控えます)。

政府主導でないにしろやっていることはまさに反日教育と同じです。本当に日本のことを大切に思うなら未来ある子供の配慮をし節度を持ったデモをすべきではないでしょうか。

ヘイトスピーチを阻止する団体「C.R.A.C(旧レイシストをしばき隊)」の中心人物に右翼男性

反韓・嫌韓デモが始まりしばらくして、ヘイトスピーチを阻止すべく「C.R.A.C(旧レイシストをしばき隊)」が結成されました。

メンバーは全身刺青の「いかにも」な人達が多く、デモでの衝突で逮捕者が出たりと、下記の記事を読むまでは、粗暴でヘイトスピーチしてる団体と変わらないと思っていました

ヘイトスピーチに「愛国者じゃない、日本の恥」 カウンター右翼青年が叫ぶ理由

しかし、この記事を読むと差別を規制する法律が無い現状では「必要悪なのでは?」と感じました。

トップ絵の左側の人物は上記の記事に登場する山口祐二郎氏ですが、普段はフリーライターやフリースクールのカウンセラーなどをしている一方で、新右翼団体「統一戦線義勇軍」元メンバーとして防衛省に火焰瓶を投げ込んだ容疑で現行犯逮捕された経歴を持つ、かなりアウトロー(無法者)な人物です。

そんな過去を持つ山口氏ですが現在では差別・ヘイトスピーチを阻止する団体の中心人物です。右翼である山口氏がヘイトスピーチを阻止する理由はこうあります。

あれは愛国者じゃないでしょ。人の痛みも考えられない差別主義者は真の右翼ではない。日本が大好きで誇りに思っているなら、なぜ他の人に配慮できないのか。在日コリアンもニューカマーも日本を好きでいてくれて、そこで商売しているのに、罵倒したりバカにしたりする。韓国人もアメリカ人も、国や故郷を誇る思いは一緒です。そういう尊厳を踏みにじる行為が理解できない。だから目を覚まさせたい。「差別して何が愛国者だ」と。愛国心の暴走を止めたいんです。

また、しばき隊の暴力性についてはこう答えています。

安易な暴力はよくないですが、武力を使うのも時には必要なこと。目の前にののしっている人がいて、手を出しちゃったら、そのくらいは許容範囲内。ちょっと怖さを見せないと、威圧効果を出せないというのが、リアルな側面としてある。

暴力は犯罪ですからいかなる理由があっても容認できません。実際に右翼団体とカウンター団体の双方に逮捕者が出ています。
しかし、日本では差別を規制する法律がありませんから、何らかの方法で差別を阻止しなければなりません。差別を平然と行う人が言葉で諭して考えを改める可能性は少ないことはネットでの差別の現状を見れば明らかです。上記の動画のように罪の無い一般市民に暴力を働くレイシストが目の前に現れたら力ずくで止めざるを得ない状況になるのは当然のことです。

日本では一大事にはなっていませんが、ヨーロッパではヘイトスピーチはかなり問題になっていて差別反対を訴えた人が殺害される事態になっています。

ヨーロッパで広がるヘイトスピーチ

また、「C.R.A.C(しばき隊)の過激なカウンターが事態を悪化させているのでは?」という意見もありますが、それこそ差別行為の法規制を急ぐべきだと思います。差別行為が容認されている実態があるからこそカウンター勢力が生まれるわけですので。差別行為を野放しにしておけば被害に遭うのは弱者です。

ただ、残念なのが、必ずしもC.R.A.C(しばき隊)の全員が差別阻止が目的の人間ではないことです。メンバーの一人が生活保護の不正受給の詐欺容疑で逮捕されています。カウンター団体を隠れ蓑にして不正を働く人物がいるのが現状です。そもそもアウトローが多い集まりですからね。

必要悪とはいえ違法行為です。
こういった組織が生まれないような行動を心がけるべきです。

「やられたらやり返す」が許されるのは子供の喧嘩ぐらい。日本の美徳で対抗するべき

ヘイトスピーチや反日をやり始めたのは韓国人だ。やり返すのは当然」という主張があります。これは子供染みた主張です。やり返した結果、いっそう反感を買い事態が悪化しているわけです。先ほど取り上げた女子中学生によるヘイトスピーチのように世界に拡散されるわけですから、日本を嫌悪する外国人が増えていくことでしょう。過熱すれば言葉だけでは足りなくなります。武力による衝突も起こりかねません

日本人は身内に厳しい・自虐的であるといわれていますが、これは日本人の美徳だと思います。今日の嫌韓・反韓行為のように自らの素行の悪さを棚に上げ、相手を批判したところで素直に相手が聞き入れるでしょうか?「お前が言うな」と反発されるだけでしょう。他人を批判する前に自らを律するべきです。

世界では大規模な災害が起こると必ずと言っていいほど暴動や略奪が行われます、しかし、日本で東日本大震災が起きた時は(多少の買占めはあったものの)そういったことはありませんでした。日本人にとって、ごく自然な行動をとっただけですが「冷静で謙虚な対応だ」と韓国を含め世界中から賞賛されています。

このように手本になる行動をすれば世界は賞賛し、学び、行動を変えるきっかけに繋がるわけです。反日行為に対しても、冷静で世界の手本になるような対応をすることで自らの愚かな行動に気付く人が出てくるはずです。

ヘイトスピーチに対しヘイトスピーチでやり返すのは意味を成さない愚かな行為ですが、このように日本の美徳で対抗することは双方によい影響をもたらすと思います。

終わりに

とにかく愛国者という言葉を盾に差別行為をするのはいかなる理由があろうとも容認できるものではありません。カウンター勢力が気に入らなければ差別を止めれば良いだけの話です。デモ団体が主張する「在日外国人による生活保護不正受給者や犯罪行為」は国外追放すればよいだけの話です。日本で普通に暮らす在日外国人にとっても迷惑な存在であるわけですから。在日特権が事実だと思うのであれば日本政府に訴えるべきです。韓国人に訴えても意味がありません。

韓国政府に対する批判は分かりますが、差別や誹謗中傷は本来主張すべきことを意味の無い物にしてしまいます。暴言を吐く人の意見を素直に聞き入れようとは誰も思いませんからね。日本の国益を考えるならば冷静になるべきです。

話は変わりますが、先日、秋葉原の無差別殺傷事件の犯人、加藤智大の弟さんが自殺されたそうです。
マスコミが職場にまで押し寄せ職を失いどうにもならなくなったそうです。犯人の弟なだけで弟さんには罪はありません。本人の意思ではどうにも出来ないことで誹謗中傷し続けることは差別ではないでしょうか。

 - 雑記 , , , ,