政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

反韓・嫌韓がここまで広まったのは愛国ビジネスによる洗脳が原因である

      2015/11/06

先日、大手2ちゃんねるまとめサイト「保守速報」が差別を煽る記事ばかりを掲載していたことで提訴され2200万円の賠償を請求されたという記事を書いたわけですが、今回はこのことについてもう少し言及しようと思います。

差別で月600万円荒稼ぎするまとめサイト「保守速報」を在日韓国人李信恵さんが提訴

「保守速報」といえばネトウヨや嫌韓・反韓の人たちご用達のかなり偏向された内容が掲載された問題のサイトです。保守速報に限らず、多くの2ちゃんねるまとめサイトにはそういった差別を助長する内容のものが非常に多いです。問題なのは事実に基づかない内容も事実であるかのように記載されていることです。

デマや差別で巨額の収益を得る愛国ビジネス

Amazonの韓国関連書籍をみると韓国を貶す書籍で多くが占められています。これは「異常な光景」です。これを見て「韓国には良い部分なんて無い」と錯覚する人が少なからず出て来ます。勿論実際はそんなことなく韓国にだって日本と同じくらい良い部分もあるわけです。しかし、悪意のある本が立ち並べばその悪意に洗脳されてしまう人がいるのです。

これは一時期言われたメディアの韓流ゴリ推しと同じです。「流行っている」と情報を拡散すればその情報を真に受ける人が一定数いるわけです。同じように「韓国は日本に危害を加えることを何とも思わない酷い国だ」と拡散すれば一定数は真に受けて洗脳されてしまうでしょう。ネトウヨは言うまでも無く、元々韓流好きだった人が極度の嫌韓・反韓になるケースがまさしくそうでしょう。

保守速報は愛国ビジネスの典型的な例ですが、事実に基づかない情報、つまりデマをあえて拡散し意図的に嫌韓感情を増幅させアクセスを稼ぐことで利益を得ています。その額およそ月600万円です。不当に相手を傷付け、日韓関係を悪化させ、その上で巨額の利益を得ているわけです。保守速報に限らず多くの愛国・嫌韓・反韓の書籍・サイトには多かれ少なかれ誇張や偏向、捏造、裏づけが取れていない不確かな情報などが掲載されています。

また、ネトウヨは「在日特権によって日本人は逆差別を受けている」と主張しますが、在日特権のそのほとんどはデマです。何故なら在日特権が存在するというまともなソースが提示されていないからです。まともな証拠も無いデマを武器に韓国人を批判するのは洗脳されているからでしょう。

ネトウヨや嫌韓・反韓の人は愛国ビジネスに利用されていることを自覚すべきです。

視野を広くもつべき

人間誰しも良い部分と悪い部分を持っているわけです。悪い部分だけを見ればどんな人も悪人になります。良い部分を目を向けることが出来るだけで日韓関係はだいぶ改善されると思うんですよね。日本に訪れる韓国人のほとんどは歴史的背景に批判的でありながらも日本の文化に好感を持っていて日本人に対しても友好的です。日本も韓国も妄信的に相手を批判・差別しているのは相手の良い部分に目を向けない人達です。

日本に批判的な私がもし韓国で生まれ育っていたらどうなるか考えてみた

 - 雑記 , , ,