政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

爆笑問題の大田が安倍首相をバカ呼ばわりした本当の問題点

      2015/07/20

爆笑問題の太田光がラジオで安倍首相を「バカ」呼ばわりした件について、ネット世論では賛否両論な模様。

安倍首相を「バカ」と連呼!爆笑問題、太田光のラジオ発言が物議!

大田を批判する意見を抜粋すると概ねこのような内容だ。

  • 「公共の電波を私物化するな」
  • 「どっちが幼稚なんだか」
  • 「時の権力者をけなしておけば俺インテリみたいに思ってるバカ芸人」

確かに公共の電波でバカ呼ばわりは行き過ぎた発言なのかも知れないが、この一件で世論が「大田叩き」に向いてしまう事こそが本当の問題なのである。

この件で本気で考えなければならないのは、「何故、大田はバカという発言をしたのか」ということ。公共の電波でバカ発言すれば社会的制裁が少なからずあるわけだ。そういうリスクを承知の上でバカ発言したのは「安倍首相のこれまでの行動」に問題があり改善の余地があるからだ。

安倍首相が集団的自衛権や昨年末の解散総選挙で説明責任を果たさなかったことや、周囲の意見に耳を傾けない独裁的な政治は明らかな問題であり、国益や人命にも関わることなのだから「バカ」と熱が入ってしまうのも仕方が無いことだと思う。

「バカ」という言葉尻を捉えて太田叩きをすることに一体何の価値があるというのだろうか?一芸人が大人しくなったとしてあなたに一体どれほどの影響があるというのだろうか?大切なのは「安倍首相がバカと呼ばれた原因」を考えることだ。

そもそも、今回の「バカ」発言は価値がある。なぜなら、今まで政治に関心に無かった人やテレビの表面だけの情報しか知らなかった人の「考えるきっかけ」になり得るからだ。「バカ」というシンプルでストレートな2文字は関心を集めるにはもってこいだ。もしこれをオブラートな表現や堅苦しい表現で言い換えていたら誰の心にも刺さらなかっただろう。

また、「対案が無い奴は批判するな」という意見もあるが、対案は必ずしも必要ではない。なぜなら対案を考えるのは本来議員の仕事だからだ。対案が無くとも成果が出ていないことを批判するだけでも十分な価値がある。批判が多ければ現在の政策に問題があることを気付かせることが出来るし、そうすればおのずと「改善しよう」という意識が生まれてくるわけだ。

 

 - 雑記 , , ,