政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

世界が落胆。被爆国である日本が核兵器禁止条約に反対。広島での核廃絶の誓いは嘘だったのか?

   

日本はどこまでアメリカのご機嫌を伺えば気が済むのだろう?

そうに感じる出来事でしたね。
ホント日本政府の判断にはガッカリしました。

本来なら唯一の被爆国である日本は核兵器禁止条約に賛成しなければならなかったのです。なぜなら核の本当の悲惨さ知っているのは日本人だけだからです。同じ過ちを繰り返さない為にも賛成すべきでした。

広島・長崎の被爆者への裏切り

核廃絶を願う世界各国が日本の判断に落胆したことは間違いありません。そして、最も落胆したのは広島・長崎に住む被爆者遺族です。

「先日の広島での核廃絶の誓いはなんだったのか?」そう思っているはずです。これは被爆者への裏切りです。

日本政府は被爆者と遺族にどんな顔が出来るのでしょうか。

外交上仕方ない判断だった?

日本が核兵器禁止条約の決議案に反対したのは、間違いなく同盟国アメリカと足並みを揃えるためでしょう(そうでなければ、それこそ広島での核廃絶の誓いは何だったのかということになりますからね)。

アメリカが反対するなら、日本も反対する

つまり、アメリカの意見に背くような事をしたら日本にとって都合が悪い事になりそうだから反対しているわけです。完全にドラえもんでいう所のジャイアンとスネ夫の関係です。

一国民としてホント情けない。

同盟国だからといって1から100まで全てアメリカに同調しなければならないのでしょうか? 

もし、そうならばそれは同盟国ではなく下僕です。言いなりになっているだけなんですからね。

同盟国なら日本も主張すべき

日本がアメリカの下僕ではなく同盟国であるなら主張すべき事は主張すべきです。

最初にも書きましたが、日本は世界で唯一の被爆国であり、核の悲惨さを身を持って体験しているんですよね。だから、日本は他のどの国よりも先頭を切って核廃絶の為に行動を起こさなければならないのです。日本人である以上はこれだけは絶対に譲ってはならない事だと思うんです。

アメリカが同盟国なら同調せずとも「日本にも立場がある」と理解を示してくれると思うんですよね。だから、なおさら日本は核保有国のアメリカとは異なる主張を示すべきだったと思うんです。

アメリカと同調してれば日本は安全?

今回の日本の判断はとにかく残念の一言でした。

あの北朝鮮ですら核兵器禁止条約に賛成したんですよね。簡単には北朝鮮を信用は出来ませんが、日米も賛成していれば北朝鮮が核開発を止めるきっかけになっていたかも知れないわけです。つまり、自らチャンスを捨てたということです。

日本政府は「アメリカに同調する限り日本は安全だ」と思っているかも知れませんが大間違いなんですよね。アメリカは戦争を頻繁にやるしテロの標的になることも多いです。つまり、アメリカに同調し過ぎても逆に日本が危険になる可能性もあるという事なんです。

日本を安全な国に保つ為にも日本独自の判断が必要だと思います。

 - 雑記 , ,