政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

【逮捕者続出か?】通名廃止問題でネトウヨが入国管理局HPに20万件ものガチ集団サイバーテロを実行!

      2015/07/20

本日7月9日、ネトウヨが入国管理局(入管)のサイトに善意(?)のサイバーテロを仕掛け、サーバーダウンと思われる異常事態が起きました。

どういうことかを話す前に騒動の発端を知らない人もいると思うので簡単に説明します。

騒動の発端である在留資格の制度の改訂について

本日7月9日から在日外国人の在留資格に関する制度が新しいものに切り替わったことをご存知でしょうか?今までは『外国人登録証明書』というものが在留資格を証明するものだったのですが、今日から『在留カード』というものに切り替わったんですよね。

この改正によって安易な通名変更が出来なくなるので通名を利用した犯罪が減る事が期待されています。ただ、ネトウヨが言うような通名が廃止される事実はありませんので一般的な在日外国人には何の支障も無く、むしろ快適に生活が出来るようになるんですよね(以前投稿したこちらの記事に詳細を書いてます)。

このことはほとんどテレビ局が報じていない為、知らなかった人も多いかと思います。当然、在日外国人も知らない人が多いわけです。個別郵送で通知したりもしたそうなんですが届かないケースも多く、全在日外国人の2.4%(約5万2000人)が切り替え手続きをしてないとのことです。

当然、発覚すれば違反になるので罰則を受けることになります。ただ、大半は「うっかり」でしょうから(免許の更新とか忘れがちですよね)、情状酌量で軽い罰則もしくは口頭での注意になるのではないかと思います。

追記:
法務省の発表によると「在留資格を失うことも強制送還もない」とのこと。

「特別永住者の方は、外国人登録証明書の有効期限までに切り替えればいいことになっています。一部で7月8日までに切り替えが必要な方もおられますが、期限切れ後であっても、申請は受け付けることにしています。それは、在留カードに切り替えが必要な方も同様です」

 

しかし、愛国心溢れるネトウヨたちはこれらの情報を中途半端に耳に入れ、「5万2000人の在日を国外追放するチャンス!」と言って、今回の”善意の”サイバーテロを起こしたわけです。

ちなみに、誤解の無いように言っておくと、ここでのネトウヨの定義は、『特定外国人に対する差別的な発言をするなんちゃって右翼』のことを言ってます。

ネトウヨたちが善意のサイバーテロを発動!

たった1日で20万件の通報ですよ。そりゃ入国管理局のサーバーも落ちますよね。しかし、問題なのは件数ではなく信憑性に欠けたデマまがいの情報なんです。

最初の1時間で13,442件(受付番号の下6桁)もの通報があり最終的には20万件を超えました。その通報内容は「言いがかり」同然のものばかりなんですけどね。これについては後述します。

「誤報でも構わないので、どんどん通報してください!」と#集団通報を呼びかけるネトウヨがいたり、

「在日を通報して5万円の報奨金を得よう」と金で釣るネトウヨがいたり・・・(↓既に削除されてますね)

【韓国反日後悔】2015年7月9日より在日韓国人通報で5万円貰える!通報副業で小遣い稼ぎ

もちろん不法滞在が発覚すれば最大5万円の報奨金が得られるのは確かです(ただ、匿名通報では受け取り不可)。なので、”確証があるなら”通報することは良いことです。しかし、現状はデマばかりが拡散されているのが現状です。

ネトウヨの情報源である『不法滞在者リスト』があまりにも酷すぎる!

通報するにも元となる情報が必要です。では、「ネトウヨはどこで情報を得て通報してるのか?」という話になるわけですが、その情報元がこのサイトです。

【トンズラーのリスト】集団通報の仕方と補完リスト【完全版】

なにやら『有志による通報リスト』らしいですが、内容見てみると思わず笑ってしまうと思いますよ。一次リストには毎日新聞、朝日新聞、電通、吉本興業、NHK、TBSなどの職員、そしてフジテレビの女子アナウンサーが6名ほど掲載されています。この充実のラインナップには開いた口が塞がりません。

一体このリストに何の価値があるんでしょうか?

普通に考えて有名企業で働く人が不法滞在しているワケが無いんですよね。仮に切り替え忘れていても「仕事忙しくて忘れてました。切り替えお願いします」と口頭注意で終わるはずです。むしろ早くに発覚したほうが処罰が軽くて済むからありがたいのではないでしょうか?(笑) まぁ、暴力団系はその可能性はあるかも知れませんが通報せずとも警察がとっくに目をつけているはずなんですよね。

しかも、不法滞在だという根拠がどこにも書かれていないんですよね。ただ単に韓国人だったりテレビ局社員(韓国人だという疑惑)という理由だけで通報しているんです。

そもそもこのリスト、なぜかターゲットを韓国人や中国人に絞っているんですよね。在日外国人の半分は韓国人・中国人以外なわけです。それなのに韓国人・中国人に絞り込むってことは明らかに差別意識によって作られたリストだということになります。

そしてこのサイト、ご丁寧にも入国管理局への通報の仕方まで書かれているのですが、注目すべきは以下の『通報動機・違反を知った経緯・状況・人物を特定できる情報等』という項目。『不法滞在の可能性』と書くように指示されています。職員の立場になればこの理由だけで調査しようと思いませんよね。

20150708174721dbc

通報しているネトウヨ達はこう言います。

私達は怪しい韓国人を通報してるだけ!
調査するか判断するのは入管の仕事!

それはその通りですが、通報の動機欄に『不法滞在の可能性』と書くだけじゃ職員は判断できません。『なぜ不法滞在の可能性があるのか?』を書かなければ意味が無いんですよね。しかも、リスト見る限り手当たり次第テキトーに韓国人を通報しているとしか思えないんですよね。

こんなのが20万件も来るわけですから、とんでもない『嫌がらせ』行為ですよね。きっと、「ネトウヨ達なんてことしてくれてんねん!!!お前らのせいで残業せんといかんやろ!!」と怒っているはずです。

価値の無い情報を大量に送りつけるのは犯罪。1件でも価値のある情報を提供すべき

ネトウヨ達は『日本の為に戦っている』つもりになっているようですが、入国管理局への『威力業務妨害』です。全リスト合わせて500件ぐらいあるようですから、400人ぐらいのネトウヨがこのリストを使って通報した計算になりますね(500件 × 400人 = 20万件)。

通報画面に以下のような注意書きがあるのも、こういった迷惑行為があるからでしょうね(不正があれば逆に訴える準備は出来てますよという意思表示でしょう)。

(注)誹謗中傷メール等を防ぐため,この情報受付に電子メールを送られた方のIPアドレスを自動的に取得しています。

 

何人体制でこの業務をやってるか分かりませんが、こんなテキトーな情報を送られた所でスパム扱いするしかないですよね。件数を考えればスパムのほうがまだマシですね。もし、1件1件確認していれば膨大な時間を費やす事になります(信憑性の一切無い情報なのに)。通報するのは簡単でも、調査するのは時間も労力も要します。逆にこの嫌がらせ通報のせいで『確証のある有益な情報』が埋もれ見逃すことになってしまうわけです。

そもそも何の罪も無い人を不法滞在者・不法入国者呼ばわりすれば名誉毀損で訴えられてもおかしくないんですよね。

テキトーに数撃ってもそれが真実になるわけではありません。20万回通報したところで『言いがかり』には何の価値もありません。人に迷惑をかけ、業務がストップし、税金を無駄にするだけです。しかし、『確証のある情報』であればたった1件の通報でも人は動きますし成果も挙げます20万件の役に立たない情報よりも、1件の役に立つ情報のほうが圧倒的に価値があります

もちろん不正な送信でサーバーダウンさせることは犯罪

入管職員がこの大量の通報を無視したところで、サーバーダウンすれば業務は停止します。場合によってはデータが破壊される可能性もあるでしょう。これは明らかな損害で威力業務妨害です。

全く反省していない模様・・・
愛国無罪ってやつでしょうか?

朝鮮人虐殺と類似

今回の騒動の広まり方は、かつて日本で起きた関東大震災時に6,000人の朝鮮人が殺害された『朝鮮人虐殺』に似ているんですよね。日本映画大学准教授の韓東賢さんは以下のように話しています。

「デマによるデモや街宣などの集団的な行動よりも『個別の行為の扇動』のたちの悪さは突発的な事件を誘発する可能性が高いところにある」と指摘する。実際に入管にメールや電話で「通報」した者たちの存在は、私に関東大震災後に起きた朝鮮人虐殺を思い起こさせた。

悪質な「7月9日在日強制送還デマ」で、扇動した者たちと扇動された者たち、そして温床となった入管行政

また、「そんなことは左翼が勝手に言ってるだけ。虐殺なんてない」と思われるかも知れませんが、右も左も関係なく認めています。その証拠に保守派である伊藤隆・東京大学名誉教授は『日本歴史大系5近代Ⅱ』にこう書いています。

「関東大震災による極度の混乱の中で、この機会に乗じて朝鮮人が立ちあがり暴動を起したというデマがどこからともなく広がり、的確な情報を失っていた民衆の間に受け入れられていった。朝鮮人や社会主義者が放火をしている、井戸に毒を投げ込んでいるといったまったく根拠のないデマは、異常な心理状態に陥っていた被災民に信じられ、各地で自警団を組織し、朝鮮人をみつけると捕らえたり殺したりするという驚くべき事態が発生した。その結果、ほぼ6000人といわれる朝鮮人が殺されたといわれる」

というように、どこからともなく湧いたデマを信じ込み次々と朝鮮人を殺していったわけですが、似ていると思いませんか?今回の騒動も、「通報すれば国外追放できる」というデマを信じ込み手当たり次第通報しているわけです。

人が死ぬ死なないという大きな違いはあるものの、根本的なところは一緒です。もし今、「韓国人が日本でテロを計画している」なんてデマが広まれば、手当たり次第韓国人を殺す日本人が出てきても不思議ではないということなんですよね。

同じ過ちを繰り返さない為にも真剣に考える必要があります。

ネトウヨには教育が必要

今回の件、不法滞在・不法入国で逮捕されるよりも、威力業務妨害で逮捕されるネトウヨのほうが多くなりそうな気がしますね。もちろん親告罪なので入国管理局が訴えなければお咎め無しですが。

この騒動をネトウヨが真摯に受け止め行動を改めれば事態は収束しそうですが、今後1週間、1ヶ月と同じ状況が続けば、膨大な無駄なコストを要する事になりますから、訴えを起こさざるを得ないでしょうね。そして、入国管理局は国民の税金で運営されているわけですから、ネトウヨのサイバーテロを徹底批判すべきです。

そしてこの問題の一番の注目しなければならない点は、ネトウヨたちが『善行している』と思い込んでいる事だと思うんですよね。罪悪感があればまだ救いがありますが、正しい事をやっていると思い込めば行動に歯止めがかからなくなります(善行を止める理由がありませんからね)。

幸いにも日本ではまだあまり起きてないですが、『ヘイトクライム』という差別による暴力行為があるわけです。海外では差別で人を殺す事が普通にあります。それは罪悪感が欠落しているから起きるわけです。いつ日本で同じことが起こるか分からないわけです。

今回の通報騒動、「どんな人がやってるのか」とツイッターを見ていたら女子中高生っぽい子がやっていたりするんですよね。愛国心を持つことと差別心を持つことは別です。子供だからなのか成人ネトウヨより重症なんですよね。悪い意味で純粋な感じで。おそらくその子の将来は暗いでしょうね。。。(顔も出してたので)

それもネットなどで有害な情報をばら撒いた大人たちの責任です。子供達の将来を潰す権利は誰にもありません。責任を持って大人たちがそういった有害な情報を取り締まっていく必要があります。

ざっくり要点まとめ

だいぶ長くなったので要点をまとめます。今回のネトウヨによる集団通報は威力業務妨害という犯罪です。理由は以下の通り。

  • 理由1:今回のは「切り替え忘れ」の在日を狙った通報。しかし、ネトウヨは誰が切り替え忘れているか把握してない。全ての在日外国人を無差別に通報しているだけ。
  • 理由2:そもそも7月9日で期限が過ぎるのは一部だけ。つまり切り替えてない5万2000人も正当な権利を有している可能性だってあるということ。
  • 理由3:日本人すら含まれる信憑性の無いリストをもとに通報。しかもこのリストには名前・住所が記載されているだけで、リストアップされた根拠が一切書かれていない。
  • 理由4:上記のリストをひたすら繰り返し通報。入管職員にとっては迷惑以外の何物でもない。

というように常識的に考えれば迷惑行為なんですけどね。本気で社会貢献していると思ってやってるネトウヨも多くて恐ろしい限りです。

ところで、私がもう少し名の知れたブロガーだったら、あのリストに追加され通報されていたのか気になるところですね。通報されたら職場とかに電話かかって来て変な噂立てられるんでしょうね。もちろん私は日本人ですけどね。ルーツはどうだか分かりませんが(調べてないので)。

【追記】
この記事にネトウヨたちが食いついた模様です。予想通り「在日」とか「キムさん」とか「効いてる効いてる」とか定番の決まり文句の応酬。色々と正当化してますがこんなリスト使ってる時点で信用ゼロなんですけどね。何故そこを理解できないのか不思議です。

あと私の事を「通報するか」みたいなことも書いてありましたが、ご自由にどうぞ。なんならリストに追加してもらっても構わないんですけどね。ますますリストの信憑性がなくなるだけですから。

 - 雑記 , , ,