政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

「日本人にも差別する権利を!」と訴えるおかしな人達

   

ヘイトスピーチ法が今国会で成立する可能性が出てきたということでネット界隈が騒がしいです。

もちろん、騒いでいるのはヘイトスピーチ法に反対しているネトウヨを中心とした一部の右翼達ですが、その理由は以下の通りです。

平たく言うと、ヘイトスピーチ法で規制されるのは日本人による外国人へのヘイトスピーチや差別行為であり、外国人による日本人へのヘイトスピーチは規制されないということで、彼らは物議を醸しているわけです。

この法律は悪く言えば不平等かも知れませんが、これに関して平等性は必要ないと思います。なぜなら、差別をすることに平等性を問う事自体が間違いで愚かな行為だからです。

「日本人にも差別をする権利を!」と主張するあまりにも馬鹿げたネトウヨの言動

確かに日本人が対象から除外されているのは疑問はありますが、与野党の合意の上進められているわけですから、それなりの理由があるわけです。納得いかないのであれば政府に問いただしましょう。民主主義国家なのですから。

日本だけがリスクを被る事に不満を漏らすのは理解できますが、反対派の多くは「日本だけがやり返す権利を剥奪される」ことを訴えているんですよね。

つまり、「日本人から外国人を差別する権利を奪うな」と彼らは言っているわけです。実際、これまでのネットやデモでのヘイトスピーチや差別発言を見れば、それは紛れも無い事実なわけですが…。

おそらくヘイトスピーチをしている人は感覚が麻痺してしまっていると思うのですが、例えるなら「日本人にも窃盗する権利を!」、「日本人にも殺人する権利を!」こういった事と同レベルの事を主張しているようなものなんですよね。

こういった考えの人が多くいるから、ヘイトスピーチや差別を法規制する必要性がでてくるわけです。規制が嫌ならやらなければいいのです。

主張があるなら真っ当な方法ですればいい

彼らに何らかの主張があったとしても、その伝える手段がヘイトスピーチなら誰も耳を貸しません。なぜなら、不快な言葉に耳を傾けたいと思う人はまずいないからです。

つまり、彼らは騒いで近隣住民に迷惑をかけるだけで何の役にも立っていないのです。

在日外国人の不正を正したいのであれば、

  • 確実な証拠(証拠があれば警察・行政が動きます)
  • 適切な主張方法(冷静で論理的な言葉で)
  • 主張すべき場所(通報・要望は警察・行政へ)

以上を満たせば何らかの成果があるでしょう。しかし、彼らネトウヨがやっている事はこれとは真逆なんですよね。

  • 証拠が無いデマまがいの情報の拡散
  • ヘイトスピーチで本来の主張が分からない
  • 迷惑でしかないコリアンタウンでのヘイトスピーチ

コレが現実です。
こんなのでは互いに憎悪が深まるだけで何の前進もありません。全く価値のない愚行です。

主張があるなら、こんなことをやっていないで真っ当な主張をすべきです。真っ当な主張であれば国籍や思想関係なく多くの支持を得られるはずです。

 - 雑記 ,