政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

ネトウヨが日韓関係改善を拒否する本当の理由

      2015/07/20

ネトウヨといえば韓国や中国に対し過剰な敵対意識を持っているのが特徴ですが、日本に対して友好的な韓国人や中国人、さらには韓国や中国と友好的な日本人までを敵視し、誹謗中傷や差別発言を繰り返し問題となっています。彼らネトウヨが日本に友好的な人物まで敵視する理由をご存知でしょうか?今回はその理由についてお話します。

ネトウヨといえば欠かせない人物がいます。
やまもといちろう(山本 一郎)氏をご存知でしょうか?

ネット上ではかなり有名な保守主義(右翼)の方で、何故このおじさんがここまで有名なのかとずっと疑問に思っていたのですが、やまもといちろう氏は「2ちゃんねる」の設立者だそうです。そりゃ有名になりますよね。2ちゃんねるはお馴染み、ひろゆき(西村博之)と共同で設立したものだったんです。

yamamoto-ichiro-netouyo

こちらが、やまもといちろう氏です。先ほど「おじさん」と書きましたが、まだ41歳だそうです。この記事を書く際にwikiでプロフィールを調べていたのですが41歳とあったので思わず二度見してしまいました。ずっと50過ぎの方だと思っていました(笑)

やまもといちろう氏と言えば一年ほど前にホリエモンとツイッター上で醜い争いをしていたことが印象的ですが、「誰だ?この子供みたいなおじさんは。」とかなりイメージが悪かったんです。ホリエモンもそうなんですけどね。

先日、そんなやまもといちろう氏が「ネトウヨは、卒業することを知らない」という記事を執筆されたんですが、ネトウヨの親玉とも言われることがある彼が書いた記事なのであまり期待をしていなかったのですが、自分の意見と99.9%まさかの一致

以降ではその記事の感想を交え、ネトウヨについて語ります。

右翼左翼限らず中立的な考え「もしかしたら」が必要

ネット上の保守や右翼というと、いわゆるネトウヨのイメージが強すぎて「南京大虐殺無かった」「従軍慰安婦なんてただの売春婦」「国交断絶しろ」「日本は侵略戦争をしてない。アジア開放の為に戦った」といった極端に偏った意見が多く目に付くので、ネトウヨでない保守・右翼の人までそういった極端に偏った意見を持っていると錯覚してしまいがちなのですが、今回の記事でそうでないことを改めて知ることができました。

やまもといちろう氏は「南京大虐殺」「従軍慰安婦」「侵略戦争」いずれも、中国や韓国の誇張はあるものの日本が関与した可能性を認めています。どの国の国民であろうと間違いを犯すことは当然あるわけですから「もしかしたら」という中立的な考えを持つことは重要です。

そもそも、これらの問題は人権問題ですから右翼左翼の思想とは本来別個に考えるべきものなのです。

ネトウヨの意見に中身が無い理由

また、やまもといちろう氏はネトウヨを「日本人であることしか誇れない人たち」と称しています。もちろん一言にネトウヨといっても個人差があるでしょうが概ねそのとおりだと思います。

ネトウヨの意見を見ていると、どれも何処かからかコピーしてきたような物ばかりなんですよね。中身が無いから議論にならないんです。その原因はまさに「日本人であることしか誇れない」からです。日本人であることや愛国心だけを盾に左翼や中韓を批判するので、どうしても「自分が無い」薄っぺらい意見になるわけです。本来意見は多種多様であるべきはずなのにネトウヨはそれでいいのでしょうか。

また、「日本人であることしか誇れない」ので、そこを否定されたらアイデンティティが崩壊することになります。だからネトウヨは少しでも日本に否定的な意見があると全力で叩くのです。もし、ネトウヨが日本人であること以外にも誇れるものが持てるようになれば、現在のような日本人同士の不毛な論争はだいぶ減ると思うんですけどね。。。

また、調査によるとネトウヨが特に多い年齢層は42歳から46歳とのことなんですが、これは2ちゃんねると同じですね。この世代って何か抱えているものがあるんでしょうか? 普通なら結婚して子供もいて誇れるものが沢山ある世代だと思うのですが、そうなることが出来なかった人たちが絶望し、はけ口を求めネトウヨになってしまう年齢でもあるのかもしれませんね。

日中韓コラボHAPPYに否定的なネトウヨたち

happy

話は変わりまして、世界的に話題になったHAPPYという曲ですが、日中韓の学生がコラボしてHAPPYを踊る動画がアップされています。

大半の人は、「素晴らしい!政府間の関係が悪い時こそ個人間ではこうあるべきだ。」と思うでしょう。日本、中国、韓国いずれの国の人でも「関係改善して仲良くなりたい」という気持ちを持っているわけですから、それが表現されているこの動画は、そう願う人たちにとってこれ以上に無いくらいのHAPPYな動画です。

しかし、残念なことにネトウヨの目に留まったのかこの動画に否定的な人が結構な割合でいるんですよね。日中韓の学生が友好的であることを否定する理由など検討がつかなかった訳ですが、先述した「日本人であることしか誇れない」ことが影響しているのではないかと思うんです。

日本人であることしか誇れないネトウヨは、中国や韓国と対等な関係になることを認めたくないわけです。常に中国・韓国を見下していないと気がすまない。なぜなら、対等な立場になれば日本人である優位性は失われますから、それしか誇ることの出来ないネトウヨのアイデンティティも失われることになるわけです。

日本国内で凶悪犯罪が起こるとネトウヨは決まって「どうせ在日の仕業だろ」と根拠の無いデマを流しますが、これも中国や韓国を見下し優位に立ちたいという気持ちの表れでしょう。

日中韓HAPPY

終わりに

ネトウヨが生まれる理由は、自分自身の人生に不満があり、しかし自分の力では打開することの出来ず、そのストレスを他に向けて人生から逃げた結果だと思います。ですので、日韓・日中関係が改善したらネトウヨは姿を変え新たなターゲットを見つけ誹謗中傷を繰り返すでしょう。本当の意味でネトウヨを無くすには日本の社会構造を変えなければならないと思います。

集団的自衛権「賛成」「反対」意見と「矛盾点」のまとめ

 - 雑記 , , ,