政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

日本の国土を防衛するなら敵対ではなく友好を望むべき

      2015/07/20

愛国者たちは国土を守るために中国・韓国に対して敵意をむき出しにしているが、その考えは誤りである。愛国者たちのように敵対姿勢をみせる必要は一切ない。むしろ国家を危機に陥れるだけの愚行だ。

そもそも戦争は対立が深まり限界点を超えて勃発するわけだ。つまり右翼や保守のような敵対姿勢を続けることが戦争の可能性を高めていることになる。「日本を守る為」という言葉とは裏腹に日本を危機に追いやっているわけだ。そのつもりが無くても結果的に関係が悪化していることは自覚しなくてはならない。

もちろん、万が一に備え武力を保持する必要ある。尖閣諸島近隣での中国の挑発行為にも厳格に対処するべきだ。

しかし、だからと言って民間レベルで敵対する必要性もメリットも無い。むしろデメリットばかりだ。敵対姿勢を見せれば治安は悪化するだろうし精神衛生的にも良くない。そういう理由で民間レベルでは友好に務めるべきだ。そして政府も人が集まり構成されているわけだから民意が友好を望むのであれば政府の姿勢も変えざるを得ないだろう。

経緯を知り理解をすることの大切さ

また、先日から大きな動きを見せたイスラム国に対してもこのような考えが必要になる。流石に「テロ組織と友好を結ぶ」なんてことは出来ないが、「どうしてこのような組織が作られたのか?」「どうして欧米に対してここまでの憎悪があるのか?」を知る必要がある。経緯を知れば闇雲に相手を否定することは出来ないはずだし、欧米にも非があることがわかるはずだ。「友好」とまではいかなくても、経緯を知り「理解」することで相手の敵対心は薄れるはずだ。

戦わないで日本を守る

愛国者は「日本を守る為に戦う」という主張するが、双方に大きな犠牲を出してまで戦う必要があるのだろうか?「日本を守る為にあえて戦わない」という選択肢もあるはずだ。事実、日本は戦後、一切の戦争・武力衝突を避けてきたからこそ今の安定した日本があるのだと思う。

本気で国土を守りたいと考えるのであれば感情で行動したり闇雲に否定するのではく、どういった行動を取れば日本に最良の結果をもたらすのかを真剣に考えるべきだ。

異物混入を過剰に気にする人は外食を止めろ!

 - 雑記 , ,