政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

慰安婦問題で韓国が騒ぐのは相手目線で考えればごく自然な反応である

   

従軍慰安婦問題や侵略戦争の件でいつまでも騒ぎ続ける韓国だが、反日感情が無くならない理由の一つとして「日本の姿勢」に問題があると私は考える。と書くと「反日的だ」と非難されそうだが気にしない。それでは日本のどういう姿勢に問題があるのか私の考えを述べていく。

慰安婦問題について日本の基本的な見解

先日の朝日新聞の慰安婦問題捏造問題が明るみになったことで、慰安婦の強制連行は無かった、しかし、強制連行が無くても慰安婦が非人道的な扱いを受けた可能性は否定できないため日韓基本条約で賠償したというのが日本の大まかな主張だろう。もちろん賠償には侵略戦争で不利益を与えたことも含まれる。

だから、「過去に賠償し解決したことをいつまでも引きずる韓国はウザい」という意見が多く見受けられるわけだ。しかし、その考えは正しいのだろうか?

 日本人が「過去のことだから忘れろ」と言うのは身勝手だ

韓国を煙たがる人はこういった主張をするわけだが、これが問題のある姿勢の一つだ。

常識的に考えれば加害者側である日本が「過去のことだから忘れろ」と言って良いわけ無い。

例えば、殺人事件の犯人が被害者に対して「罪は償った。だからいい加減忘れろ」などと言ったらどういった反応をすると思うか?「こいつ反省してないな・・・。許せない」って思うはずだ。それと同じことを一部の日本人が韓国人に対してやっているわけだ。それは怒りも収まらないはずだ。

「慰安婦問題なんて存在しない!」というブレまくりな日本の主張

日本の問題のある姿勢のもう一つが、主張のブレ、つまり一貫性が無いことが問題。

政府にしろ国民にしろ、「慰安婦問題は存在しない!」だとか「侵略戦争は無かった!」と主張する人が少なからずいる。しかし、公式には賠償を済ませているわけだから慰安婦問題も侵略戦争もあったことを認めているわけだ。

もし、そんな事実は無かったと主張するなら「認めざるを得ない明確な証拠」が必要だ。しかし、そういうものがこれまで提示されたことは一切無い。と言うと慰安婦が高給取りだったことを示す「給与明細」や「慰安婦募集のビラ」が資料として提示されることがあるが、それは一部にそういう人もいたという証明にしかならない。

これは韓国で窃盗したと疑いがかかっている水泳の冨田尚弥選手の件と同じだ。一度認めてしまった以上は余程の証拠が無ければ状況は覆らない。相手を納得させる証拠が無ければ「責任逃れ」したい様にしか見えないのだ。

おわりに

まとめると、日本が公式に罪を認め賠償を済ませたと主張している以上、異を唱えれば「反省してない」と反発されるのは当然のことであり、異を唱えるならば「認めざるを得ない証拠」を提示しなければならない。

証拠も無く「やってない」を連呼するだけでは反感を買うだけだ。これは韓国・中国に限った話では無い。筋の通っていないことは誰もが嫌う。発言に責任を持とう。

 - 雑記 ,