政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

日韓併合?植民地支配?韓国が何故反日なのか知ろう

      2014/09/09

韓国といえば言わずと知れた反日国家です。それは親韓・嫌韓問わず共通の認識だと思います。先日起きた日本人を対象とした殺人事件のようにいわゆる「洗脳」状態の人がいることも事実です(韓国人に限らず日本人でも嫌韓で周りが見えなくなってしまっている人もいますよね)。

しかし、こちらの記事の中ほどにあるように3.11東日本大震災の救援金額が世界第5位と多額の支援をしてくれた国でもあります。反日というのは国家・政府の思想であり韓国国民一人ひとりの思想は異なるわけです。

「 個々の思想はそれぞれ異なる」では話が終わってしまいますので、韓国という国にスポットをあてて何故反日なのかを書きます。
ちなみに私は専門家でもなんでも無いので個人的な見解と考えていただければと思います。

韓国が反日になったそもそもの原因

よくネットでは韓国が反日なのは「勝手な言いがかりだ」、「お金をせびる為でしょ」という意見を見かけますがもちろん違います。

反日の原因は日本が朝鮮半島を侵略したことです。

これに関してもネット上で「韓国を発展させてあげたのに恩を仇で返した」ということがよく言われますね。

韓国の発展に日本が貢献したのは事実です。日韓併合して朝鮮半島は第二の日本になったわけですから発展させるのは当たり前でしょう。日本人も多く住んでいたわけですからね。

日韓併合は日本の勝手な都合で行われた

ここで疑問になるのが何故韓国と併合したかということですよね。

当時、ロシアが南下政策を行っていました。
南下政策をざっくり説明すると・・・
ロシアは物凄く寒いです。海も凍るくらい。海が凍っては船が出港できないわけです。当時は飛行機もありませんから船が貿易・戦争あらゆる面で非常に重要なわけです。そこで年中海が凍らない朝鮮半島を侵略しようとしたわけです。

朝鮮半島がロシアに侵略されれば、そこに面する日本海がロシアのものになってしまうと恐れた日本がロシアに戦争(日露戦争)を仕掛けます。そして戦争に勝利した日本はその重要な拠点である朝鮮半島を侵略したのです。

日韓併合は実質的には植民地支配

日韓併合は両国の合意のもとに行われたという見方がありますが、周辺諸国が日本軍によって植民地支配されていたことや、日本軍による虐殺行為(こちらがよくまとまっていますのでご覧ください)が横行していたことを考えると半ば強制的なものだったと推測できます。

日韓併合からおよそ10年経った1919年に韓国が日本から独立するために「3・1独立運動」を起こし数万人規模の多大な死傷者を出しましたが、こういう事件が起こるのは耐え難い生活(自国文化の廃止、日本の天皇を称えさせられるなど)を強いられていたからです。

まとめると韓国が反日である理由は日本とロシアの争いに巻き込まれ、身勝手な理由で併合させられ、耐えがたい生活を余儀なくされたからです。

同じく植民地支配されていたアジア諸国が反日じゃないのは何故?

先述しましたが、国家の思想と個人の思想は異なります。反日国ではなくても日本に良くないイメージを持つ人はいます。

国家が反日かどうかは当時の政治家や権力者の思想が強く影響するのではないかと思います。反日でない国はあくまでも「戦時の事」と割り切っているか、政治や教育にはそういった思想は持ち込まないというスタンスだったのではないでしょうか。

しかし、当時の状況を考えれば反日になるのは仕方が無いことですし、加害者側である日本が「反日をやめろ」とは言える立場ではありません。こればかりは韓国や中国に委ねるしかありません。

おわりに

韓国・中国は反日政策のある国ですか、その反面、日本に友好的な人が多い国でもあります。国という括りに縛られずに個人間で友好な関係を築いていきたいものです。

 - 雑記 ,