政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

就職活動は就職するための手段の一つでしかない。失敗したらバイトすればいいじゃない

   

job-hunting-failure

6月も後半ということで新社会人の方はそろそろ仕事に慣れてきた頃でしょうか。運良く就職できた人とは逆に就職活動に失敗して自暴自棄になっている人もいることでしょう。

今回はそんな自暴自棄に陥ってしまっている人たちに向けた話をしようと思います。あくまでも個人的な見解ですのであしからず。

就職活動(特に新卒採用)で内定がもらえるかは運みたいなもの

率直に言ってしまうと、就職活動で内定がもらえるかどうかは運次第です。実際に仕事をしてみないとその人の実力は分かりません。だから試用期間というものがあるわけです。

いくら成績が良くても、高度な資格を持っていても、その人が本当に仕事ができる人かは分かりません。また、人柄やコミュニケーション能力は選考の大切な基準とされていますが、面接の時だけ良い顔をしてる人だっているわけです。

無論、就職活動で内定を沢山もらえる人は、場に適した対応をすることが得意な人でしょうから、実際に仕事をしても活躍する可能性は高いでしょう。しかし、立回りの上手さを必要とされない仕事もあるわけです。つまり就職活動に失敗してしまった人は仕事をする能力が無いのではなく、面接をする能力が無いだけの話なんです。

でも、内定もらえなければ就職できないよ?
いえ、そんなことありません。

就職活動は就職するための手段の一つでしかない。バイトからいくらでも昇格できる

面接で自己アピールをするのが苦手な人いますよね。実は私がそうです。あまり自分を大きくアピールすると「期待に答えられなかったらどうしよう・・・」という気持ちになり過小評価してしまうんですよね。

そういう人はアルバイトをして社員登用を目指しましょう。
アルバイトであれば経歴はほとんど不問ですし、試しに採ってみる企業も多いので採用は容易です。採用されたら人一倍頑張って行動で自分の魅力をアピールするだけです。社員登用を明記していない企業でも魅力的な人材を確保したいのは当然のことですから、どの企業でも正社員になれる可能性は十分にあります。

私の母親の話になりますが、関東でチェーン展開している企業のエリアマネージャーとして働いているのですが、採用当初はパートタイマーでした。長年継続して働き続けた実績が評価されたわけです。どういう方法で入社するかなんて大した問題ではないことの何よりもの証明です。

まとめ

就職活動で内定がもらえないのは悔しいでしょうし、絶望してしまう人もいるでしょう。しかし、内定をもらって就職しても成果が出せずに昇進しないどころか解雇されてしまう人もいれば、バイトからのし上がって成功を収める人もいるように就職活動というのは就職するための手段の一つでしかありません。

また、第一志望の企業に就職したものの現実は理想とかけ離れていて幻滅してしまうというケースもあるわけですから、とにかく色んな手段を駆使してまずは仕事を始めることが大切です。実績を積めば自分の目標とする企業に転職することも可能なわけですからね。

 - 雑記