政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

年配者ほど自民党支持率が高い2つの理由

   

戦後からほぼ独走状態と言っても過言ではない自民党ですが、2014年に発表された「参議院議員通常選挙全国意識調査」によると、年配者ほど自民党支持率が高くなっている事が分かります。20代と80代以上では2倍以上も差があるんですよね。
graph

この差はどこから来るのか?
それには2つの理由があります。

1. 年配者は戦後自らの手で日本を再建したから

年配者は戦後自分たちの手で日本を再建してきました。私達のように生まれた時から物があり大した不自由をしてもいない世代とは違い、年配者は非常に過酷な体験をしているわけです。

戦後自らの手で蘇られさせた日本は年配者にとって誇りです。そこに他人(外国人)の手が加わる事に抵抗があるのは当然の事です。

ですから、比較的保守的な政党である自民党を支持するのです。

2. 年配者ほどお金を持っているから

ご存知の通り年配者に裕福な方は多いです。最近はそういう人も減ってきたと思いますが、「座っているだけで高額な給料をもらっている」そんな人も大勢いるわけです。

安倍政権が推し進める金融政策「アベノミクス」は、そういった人達に恩恵がある政策なのはご存知かと思います。

ですから、「美味しい思い」をしたいという理由で、自民党・安倍政権を支持する年配者が多いのです。

しかし、安倍政権を拒絶する年配者は多い

全ての年配者が自民党・安倍政権を支持しているわけではありません。むしろ、若年層よりも拒絶反応が強い年配者も多く見られますね。また、「自民党は支持するけど安倍政権は支持しない」という年配者も多いです(実際、安保法制や米軍基地反対デモ参加者に年配者はとても多いです)。

その理由は明白で、安倍政権は安保法制や集団的自衛権によってアメリカの戦争に加担しようとしているからです。

年配者は戦争経験者です。目の前で大切な人が死んでいくのを目の当たりにしているんですよね。また、アメリカは日本と殺し合ったわけです。その負の感情を消し去るのは不可能でしょう。

ですから、どういう形であれ(それが日本を守る事に繋がるとしても)、戦争に手を貸す政策を推し進める安倍政権に対する拒絶反応は大きくなるのは当然なのです。

一方で政治離れ進む若い世代。その原因は…

一方で、若い世代を中心に自民党の支持率は大きく低下していっています。そして、支持する政党すらない場合がほとんどです。

これは若い世代が恩恵を受けられないからだけではなく、政治家への不信感が原因のように思えます。

舛添要一氏、甘利明氏、小渕優子氏、そして安倍首相。

こういった政治家たちが不正を働いたり、不誠実な対応をする姿を連日目の当たりにしているわけです。これでは、政治に対する期待が無くなり関心も薄れるのは当然です。

まずは、政治家は政治家自身に厳しくあるべきです。自分厳しく出来る人は人から信頼されます。信頼できる人の声は心に届くのです。

 

 - 雑記 , , ,