政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

中国・北朝鮮の武力放棄したら日本やアメリカは「チャンス」と言い攻撃を仕掛けるのか?

      2015/07/20

「戦後日本が何故これまで中国・北朝鮮に攻撃されることが一度も無かったのか」考えたことはありますか?

集団的自衛権は武力強化の手段の一つと言えます。そして、集団的自衛権意賛成する人はこれが「抑止力」になると主張するわけです。同じように中国は多大な軍事費を費やし、北朝鮮は核武装をしています。これも抑止力です。アメリカおよび集団的自衛権を行使する日本に攻め込まれないように武装強化しているわけです。

互いに攻撃を踏み止まっている現状を考えると一応は抑止力になっているのでしょう。

戦後日本が平和を維持している理由

では、逆に中国や北朝鮮が武力放棄したらどうなるでしょうか?「チャンス」と言わんばかりにアメリカや日本は中国・北朝鮮に攻撃を仕掛けるのでしょうか?そんなことしませんよね。相手に明確な敵意が無ければ攻撃を仕掛ける必要はありませんから。

同じように日本が中国・北朝鮮に敵意を持たなければ集団的自衛権を行使しなくても攻撃してくるとは思えないんですよね。攻撃するつもりならとっくに仕掛けているはずですから。何故戦後70年間一度も攻撃を仕掛けてこなかったのか?それは日本が中国・北朝鮮に明確な敵意が無く、中国・北朝鮮にとって日本は脅威では無かったからです。しかし、今後は集団的自衛権によって日本は脅威に変わるわけです。つまり、集団的自衛権こそが日本を攻撃する理由になりかねないということなんです。

一線を越えれば平和は戻らない

集団的自衛権で抑止力を高めることはダイナマイトを体に巻きつけたテロリストのようなものです。相手が恐れをなせば抑止力になりますが、逆に脅威を排除しようと攻撃を仕掛けてくることもあるわけです(旧日本軍は劣勢でも死を覚悟して戦ったわけです)。もし、ダイナマイト(集団的自衛権)を取り外しても「コイツは危険だ」といって殺される可能性もあるのです。つまり、一度でも集団的自衛権を行使してしまったら戦後70年続いた平和な日本は二度と戻ってこないという可能性も考えられるわけです。

防衛は必要だが敵意は不要

「備え」はあるに越したことはありませんが「敵意」は不要です。例えるなら、消防隊が消火のために水ではなく油をまくようなものですからね。

こういったリスクを加味した上で、それでも集団的自衛権を行使したほうが日本や世界の平和に繋がると言うのであれば、その選択も間違いではないと思います。しかし、今の自民党はそういうリスクは一切語ることをせず都合の良い部分だけを言っているのです。

あなたはそれでも集団的自衛権に賛成しますか?

 

 - 雑記 , , ,