政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

イスラム国で集団的自衛権が早くも裏目に。このまま最悪のシナリオに向かってしまうのか?

      2015/07/20

安倍首相はイスラム国と戦争をするつもりなのかも知れない。

今回のイスラム国日本人殺害警告は集団的自衛権が裏目に出たと言わざるを得ない。直接集団的自衛権が引き金になったとは言わないが、国民の意見を無視して集団的自衛権行使容認の閣議決定を独裁的に進めるという極右独裁政権が招いた結果であることにはほぼ間違いないだろう。

集団的自衛権によって米国との同盟関係が強固なものになり戦争抑止力になると散々メリットばかりをアピールし、デメリットには口をつぐんでいた安倍首相だが、結果はご覧の有様だ。本来、日本が関わるべきでない戦争に巻き込まれるどころか自ら首を突っ込んでしまった。

集団的自衛権「賛成」「反対」意見と「矛盾点」のまとめ

安倍首相は戦争をするつもりでいるか、それとも・・・

問題はここからだ。安倍首相はイスラム国と戦争をするつもりでいるかも知れないということだ。

安倍首相はアメリカのように「テロに屈しない」と表明した。これはイスラム国への宣戦布告だ。

「テロに屈しないと言うことが何故宣戦布告なんだ!?」と思う人もいるかと思うが、では一体何の為に「テロに屈しない」と表明したのか?わざわざ相手を刺激し日本中を危機的状況に陥れてまで。

アメリカが「テロに屈しない」というのは理解できる

「テロに屈しない」と表明していいのは、アメリカのように武力でテロリストを押さえ込むことが出来る場合だけだ。アメリカは世界一の軍事大国だ。戦う力と意思があるからこそ「テロに屈しない」と表明することが出来る。

一方で日本はどうだろう?玉砕覚悟?

軍事力そのものは世界の中でも上位に位置しているが、自衛隊は人を殺したことが一切無い。出来るのは威嚇だけだ。そんな国が「テロに屈しない」と表明してしまうことがどれだけ馬鹿げた事なのか、「自殺願望があるのか?」と世界中から笑いものにされるだろう。

おそらく安倍首相の頭の中では戦時の軍国主義の日本のイメージを投影しているのではないだろうか?右翼思想の人は軍国主義を美化し崇高なものであると信じ込んでいることが多い。例え多くの犠牲を出しても、例え勝ち目が無くても玉砕覚悟でテロに対抗すべきだと考えているのかもしれない

もし戦争に参加することになった場合、無関係の一般市民を殺すことにもなることを忘れてはならない。まだ記憶に新しいイラク戦争での犠牲者の大半は民間人だ。

もし、戦う意思は無いのに「テロはいけない事だからとりあえず表明しておこう」という考えで表明したのであればただの馬鹿だ。むしろ、こうなってしまった以上馬鹿であるほうが良いのかも知れない。戦争で多くの人が死ぬのは御免だ。

 - 雑記 , , , ,