政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

イスラム国問題最悪の結末へ。この結果は『平和ボケ』が原因である。そして今後日本はどうするべきか?

      2015/07/20

後藤健二さんが殺害されイスラム国(ISIS、ISIL)日本人人質事件は最悪のシナリオを迎えることになってしまった。2人を殺害したテロリストの行動はいかなる理由があろうとも容認できるものではない。そして、今後日本は更なる危機に立たされることが予想される。イスラム国はこのような声明を出した。

日本政府へ。おまえたちは悪魔の有志国連合の愚かな同盟国と同じだ。われわれイスラム国がアラー(神)の恵みにより権威と力を備え、おまえたちの血に飢える軍隊を持つことをまだ理解していない。アベよ、勝ち目のない戦いに参加するというおまえの無謀な決断のために、このナイフはケンジを殺すだけでなく、おまえの国民を場所を問わずに殺りくするだろう。日本にとっての悪夢が始まるのだ。

大変恐ろしい声明文だ。

何故このような声明が出される事態になってしまったのか?
そして、今回の人質事件は何故起きたのか?

その答えとして考えられるのが『平和ボケ』だ。

テロの引き金も事態の悪化も『平和ボケ』が原因だ

安倍首相や一部の右翼・保守たちは人質が取られている危機的状況で「テロに屈しない」とテロリストを挑発した。もちろん、それが「国や人質を救うため」と思っての行動なのだろう。日本の平和は誰もが望んでいることであり当たり前のことなのである。

もちろん政府は人質救出のために尽力したのだと思うし、一部を除けば右翼・保守も日本のためを思って行動したことだろう。そのこと自体を批判するつもりは無いことを最初にお伝えしておく。

しかし、安倍首相の軽率な発言や、テロリストへの対抗手段として一部の右翼(ネトウヨの類だと思うが)が支持するテロリストや人質を面白おかしくコラージュした「#ISISクソコラグランプリ」、イスラム国を「イスイス団」と面白おかしく命名するといった行為がどういう結果を生んだのか?

  • 人質2名の殺害
  • テロリストからの日本人全体の敵対視
  • テロリストや人質を面白おかしく扱うモラルの無さが世界へ露呈

少なくとも安倍首相や一部の右翼、そしてテロを”遊び道具”と勘違いしている馬鹿の軽率な行動によって3つの大きな被害をもたらした。現実を直視するべきだ。

一部の安部支持派は「テロリストにとって不都合なこと(挑発行為)をすべき。それをしないヤツはテロに加担していることになる」などと言って、安倍首相と自身の軽率な行動を正当化していたが、結果はどうか?逆にテロリストに行動させることになってしまったわけだ。彼らの言葉を借りるなら、彼らは「テロに加担した」ことになる。

そもそも「挑発行為」は相手に攻撃行動を起こさせる為に行うものだ。右翼が期待する「抑制」とは全く逆なのである。人質が取られている状況であるのにもかかわらず、「テロに屈しない」と挑発したり、クソコラでテロリストを刺激したりして、テロリストが行動を改めると思っているのならとんだ『平和ボケ』だ。

人道支援を否定しているワケではない

安倍首相の軽率な行動を批判すると「人道支援の何が悪い」と批判を受けるが、それは勘違いだ。私は人道支援を否定していない。安易な表明が問題だと言ってるのだ。

そもそも日本は人道支援はこれまでも行っていた。しかし、日本がテロの標的にされることは無かった。なのに何故、今回に限って過激な声明がでたのか?

その理由は今までの行動とは異なったからだ。今までは人道支援するにも細心の注意を払っていた、しかし今回はそれが無かった。危機意識が足りなかったのだろう。だから名指しでの声明が出されたのである。

多くの人を救う為に人道支援を行っているわけなのだから、それが原因で人が犠牲になるようなことがあってはならない。

日本全体がテロの標的になってしまったのは安倍首相の責任が大きい

冒頭での恐ろしい声明が出された一番の原因は安倍首相の軽率な言動・行動にある。

勿論一番悪いのは殺戮を行うテロリストだ。しかし、それと原因は別だ。原因が無ければイスラム国は日本に銃口を向けなかっただろう。

「原因を作ったのは危険区域に立ち入った人質だろ!」

と言う人もいるだろう。しかし、それは誤りだ。

人質2人は危険を承知で危険区域に入った。だから殺害されることになってしまったのは彼らにも責任がある。しかし、この声明は安倍首相の行動に対してのものだ。これに関して人質に責任は無い。

今回の声明は人質無しでも行うことが出来たわけだ。例えば「要求を飲まなければ日本に核ミサイルを打ち込む」というように日本人全員を人質に取ることも可能なのである。

だから日本全体を危険に晒したのは安倍首相の責任が大きい。

後藤健二さんが解放されていた可能性

先ほど述べたように今回テロリストからあった声明は政府と安倍首相に向けてのものだ。安倍首相が軽率な行動をしなければ声明は無かっただろう。少なくともこのタイミングでは。

後藤さんが殺害されたのは不幸にも政府との取引に使われたからであり、声明が出てなければ取引そのものが起きなかった可能性もある。その場合、テロリストが後藤さんを殺害する理由は無いわけだから無条件または軽い条件で解放されていた可能性がある。

対して湯川遥菜氏は傭兵でありテロリストからスパイ扱いされていたので、政府の行動に関係なく殺害されていたものと思われる。

ヨルダンに頼る必要はあったのか?

終盤ではヨルダン任せなってしまって結局待つだけの状況になってしまったわけだが、その行動自体に疑問を感じる。

ヨルダン任せにするということはイスラム国死刑囚の解放による人質交換で後藤さんの救出を期待するというものだから、イスラム国の要求を飲むということになる。つまりテロに屈するということだ。人命が関わっているわけだから非常に難しい選択だったと思うがどうも納得いかない。

死刑囚解放という要求を飲むなら何故最初から身代金を支払わなかったのか?

身代金を払っておけば犠牲者は出なかったはずだ。逆にテロに屈しないという姿勢を貫くなら、死刑囚解放に期待するべきではなかったと思う。

結果的に日本政府は内容次第では要求を飲むと思われてしまっただろうし、人質の命も失ってしまった。そして、日本はアメリカのように報復してこない国だと認識されてしまった。

臨機応変な対応は必要だと思うが、今回の件ではそうしたことで全てが裏目に出てしまったと思う。

日本は今後どうするべきか?

安易に「テロに屈しない」と発言したり、クソコラで挑発することが日本の平和を守ることに繋がるのであれば、私はその行為を否定しないし、むしろ推奨するだろう。

しかし、現実は全く逆の結果になったのである。結局のところ『相手(テロリスト)がどう受け取るか』が重要なのだ。良かれと思ってやったことでも、意図しない解釈をされたらおしまいなのである。

だから、日本の平和を守る安倍首相や右翼・保守であるなら、なおさら発言には一言一句注意を払うべきだし、行動には慎重になるべきだ。

大事なのは「テロに屈しない」ことではない。もちろん理想はそうあるべきだが、本当に大事なのは「国民およびすべての人々が命の危機に脅かされること無く生きられること」なのである。

正直な話、「テロに屈しない」ことを絶対視している人は、まさか自分が当事者になると思っていなくてどこか「他人事」なんだと思う。自分や家族や友人が今にも殺されようとしている時に「テロに屈しない」と言うことが出来るだろうか?おそらく自分だったら要求を飲んでしまうだろう。日本全体のことよりも自分や家族、友人のほうが大切だからだ。

そもそもテロは特定国家や組織に対しての憎悪によって起こるものだ。アメリカがこれまで「テロに屈しない」とテロリストに対抗してきたが事態は少しでも改善しただろうか?アメリカの行動は新たな憎悪を生み新たなテロリストを生んでいる。しかも、イスラム国は近年で最悪のテロ組織だ。改善したとはとても言いがたい。

今までアメリカがやってきたような武力で封じ込めるだけの方法では同じ事を繰り返すだけだ。武力行使は一時しのぎでしかなく、事態は解決するどころか悪化するだけなのだ。

武力行使は『ドラッグ』に例えると分かりやすい。不満から逃れる為にドラッグを摂取することで一時的には満たされるが、長期的に使用すれば次第に蝕まれ、いずれは取り返しのつかない事態になる。

「国民およびすべての人々が命の危機に脅かされること無く生きられること」の為に何が最善なのか、新たなテロリストを生み出さない為にはどうすれば良いのか、改めて考える必要があると思う。

テロリストに『理解』を示すことは必要。『テロは無条件にNO』などと言ってるからテロは無くならない。

 - 雑記 , , ,