政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

元慰安婦、日韓政府合意に猛反発。これにより慰安婦問題が捏造では無かったことが判明

   

日韓両政府は慰安婦問題の解決に前向きな姿勢を見せていますが、当事者である元慰安婦の方々は違うようです。むしろ、身勝手な政府の行動に猛反発しています。また、長年言われ続けてきた慰安婦問題捏造説も嘘だったことが判明しました。

あなたは元慰安婦の方々が韓国政府に猛反発する理由が分かりますか?

それは日韓両政府が慰安婦問題の終結に合意した理由を考えれば分かります。

政府と元慰安婦では立ち位置が全く異なる

日韓両政府が慰安婦問題の解決に合意した理由、それはただ1つ。

国益の為

この1点に尽きます。

日本政府も韓国政府も国益の為に慰安婦問題の解決に歩みを進めたわけです。

  • 日本は未来に生きる人達が責任を負わなくて良いようにするため(アメリカの圧力があったとも言われています)
  • 韓国はこれ以上日韓関係が悪化することによる経済的損失を回避するため

そこには当事者である元慰安婦の感情が全く考慮されていないんですよね。

これでは猛反発は当然でしょう。

従軍慰安婦は捏造ではなかった

以前から、「従軍慰安婦問題は韓国政府による捏造だ」と日本の一部のメディアや一部の右翼達(ネトウヨ・嫌韓派)が主張していましたが、今回の元慰安婦と韓国政府の対立によって、韓国政府の捏造でないことが確定したと言っても過言ではないでしょう。

自称元慰安婦が独断ででっち上げているのでは?

そんな声も聴こえてきますが、100%ありえません。なぜなら、元慰安婦の方々は生い先短い高齢者(表現は悪いですが)だからです。

そんな彼女らが多額の賠償金を得たところで満足に使うことは出来ません。それに、穏やかに暮したい人生最期の時期に、何故わざわざ、はらわたが煮えくり返る様な抗議活動をするのでしょうか?

貴重な人生のラストスパートに、楽しみを捨て、抗議活動に命を削る理由…

それは従軍慰安婦問題が事実だったから。

そう考えるのが最も筋の通る答えではないでしょうか?

日本政府は従軍慰安婦の全容を把握していません。

韓国以外にも、日本や諸外国を含めて数十万人の慰安婦がいたとされています。これだけの人数がいれば、その中の数百数千人は、元慰安婦が主張する「不当な扱い」が行われていたかも知れないと考えるのが自然なんですよね。

たとえ極一部の日本兵が独断で慰安婦の強制連行をしたとしても、被害にあった慰安婦からすれば「日本軍全体がやったこと」と受け取られても仕方ないんですよね(慰安婦には一部がやった事なのか、全体がやったことなのかを判断する術はありませんからね)。

抗議している元慰安婦の方々は、そういった一部の日本兵に酷い目に遭わされたのだと思います。だから嘘は無いと私は思います。

おわりに

今回の件で、慰安婦問題は日韓両政府にとって関係悪化を招くだけの不要な要素だということがハッキリしたように思えます。両政府は慰安婦問題を無きものにして関係改善を図りたいというのが本音なのでしょう。

しかし、慰安婦問題は過去に起きた事実です。起きた過去は変えられません。

忘れるのではなく、過ちを糧にして未来にどう活かすか? それが重要です。

元慰安婦の方々も「事なかれ主義」の政府に嫌気が差したのでしょう。彼女たちは「自分と同じ様な辛い思いをする人を生み出したくない」、そういう信念で抗議活動を続けているのだと思います。

 - 雑記 , , ,