政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

【日本衰退】ルールが無ければ好き勝手やっていいと思っている人が実に多い件

   

韓国のアーティストがニュースサイトで特集されると、必ずといっていいほど起こるのがYoutubeのコメント欄での誹謗中傷や差別発言。

世界中の何百何千万人の人がその動画を見ていて、「あ、日本語だ。日本人は優しいからきっと良い事書いてるんだろうな。」と日本語を知らない外国人は思っているはずです、

しかし、その言葉がヘイトスピーチだと知ったら世界中の人は日本人にがっかりすることでしょう。がっかりするだけならまだしも「日本人は酷い奴らだ!」というレッテルが貼られ、一部の人たちの悪行で日本人が世界中から差別を受けるような時代が来るかもしれません。

ネットで韓国関連のニュースやエンタメ記事を見ている人はご存知だと思いますが、そういった常識を疑うような酷い発言がとにかく多いんですよね。むしろ良識のあるコメントのほうが少数派でしょう。

こういう人たちは「韓国人の態度が悪いんだから批判されて当然だ」と言って悪行を正当化しますが、韓国人による事件に対するコメントなら分かりますが、批判するような内容じゃないものまでこじ付けて批判するわけで、もはやそれは批判じゃなくてただの誹謗中傷、差別行為なんですよね。

誹謗中傷は親告罪なので本人が訴えない限りは逮捕される事はありませんが、だからと言って認められる行為ではありませんよね。

「これ以上誹謗中傷すれば訴えます」とでも警告しなければやり続けるのでしょうか?それとも、逮捕者が出るまでやり続けるのでしょうか?

ルールが無ければ、罰せられる事が無ければ、好き勝手やっていい。」と思っているなら、それは思考停止していると言わざるを得ません。

ルールは生活するうえで必要最低限の条件なので守って当たり前です。それよりも大事なのがルールが存在しない事をどのように処理するかということです。ルールが存在しない以上、自分で思考して行動を決めなければなりません。そしてそれはルールがある事柄の比にならないくらい無数に存在するわけです。

日本をこれ以上衰退させない為にも、自分で思考することを忘れてはいけません。思考することを忘れ好き勝手やれば、外国人からは偏見の目で見られるようになり、そして、差別や誹謗中傷も厳罰化し息苦しい環境になるでしょう。悪行を働けば自分に必ず返ってきます。

マスコミ嫌いは何故デマを簡単に信じてしまうのか?

 - 雑記