政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

保守速報など『人種差別サイト』の撲滅に最も効果的な方法【拡散希望】

      2015/11/06

本題である【人種差別サイトの撲滅に最も効果的な方法】を紹介する前に、『保守速報』を知らない人の為に印象的なニュースを取上げます。

人種差別サイトといえば『保守速報』が代名詞的な存在ですが、東京都議会がヘイトスピーチ対策を求める意見書を全会一致で採択したことで以下の記事のコメント欄がおかしなことになってます。

東京都議会、在日韓国・朝鮮人などへの差別・憎悪を煽るとして、ヘイトスピーチ対策を求める意見書を全会一致で採択 – 保守速報

何故かヘイトスピーチの規制をほぼ全員が反対しているんですよね。特定の人種の差別を禁止するということは日本人への差別も規制されるわけですから、日本人を含めた差別に悩む全ての人が救われるわけです。それなのに差別規制に反対するということは『保守速報』にコメントしている人は人種差別の加害者だという証明になるわけです(規制されたら差別できなくなりますからね)。そんな人ばかりが『保守速報』には集まっているのが現状です。

さらに以下の記事も酷いです。国民の大半が反対している安保法案について、反対デモをしていた女子大生がチマチョゴリを着ていたという理由だけで差別を受けています。仮に韓国籍であっても日本に住んでいる以上は発言する権利はあります(外国人にも憲法は適用されます)。

【衝撃画像】報道ステーションに出演した安保法案に反対の若者デモ団体SEALDsの女子大生、チマチョゴリを着用 在日韓国人か? – 保守速報

SEALDsのデモに参加した女子大生を誹謗中傷するツイートをいくつか紹介します。

全く酷い有様ですよね。。。価値観が違うというだけで誹謗中傷を受けるんですから。まさに日本人や日本に住む人達への言論統制です。むしろそういう人達こそ日本に住む以上最低限のルールを守るべきです。

人種差別サイトを撲滅する最も効果的な方法

人種差別サイトを撲滅する最も効果的な方法、それは広告主に報告することです。

先日、自民党が「広告を規制してマスコミを懲らしめろ」と発言し問題になりましたが、それとは全く違った性質のものです。差別は絶対悪ですからそれを止めさせる必要があるのは当然のことなんですよね。

ただ単に、「この人種差別サイトに御社の広告が掲載されてます。企業イメージの低下になると思いますが・・・」と事実を伝えれば良いんです。

報告の際は相手に分かりやすい様に、どのページで差別が行われているか具体的に伝えたほうが効果的です。「これは問題があるサイトだ」と思ってもらえなければ意味がありませんからね。

広告主や広告配信業者も差別や誹謗中傷を煽るサイトへの掲載を禁止している事が多いので企業からも感謝されます。「この企業は差別に加担している!」なんて思われたら死活問題ですからね。だから問題のあるサイトを報告する事は企業を守る事でもあるんです。

人種差別サイトが広告収入を得れば、新たな活動資金になり差別行為はより悪化します。だから、差別問題を解決する為にはこういったサイトを撲滅しなければならないわけです。

あくまで企業の利点になるように!

広告主への報告は一人よりも多数でやったほうが効果的です。人数が少なければ「たまたまかな?」で済まされてしまうからです。報告が多くなれば企業イメージの低下を気にして広告配信をストップするはずです。

また、あくまでも『報告』するだけに留めてください。間違っても「不買するぞ!」などと言ってはダメです。その方法は人種差別をしている人達がやってる事ですから真似すれば同類になってしまいます。あくまでも報告するだけ、企業の迷惑にならないように行動しましょう。

そもそも保守速報は著作権無視の違法サイト

保守速報は記事の転載で成り立っている違法サイトなんですよね。いくつかの記事をみると分かりますが、1. まず最初にニュースサイトの記事があり、2. 続いて2ちゃんねるの書き込みがあり、3. 最後に保守速報でのコメントとなっているわけです。

最初のニュースサイトの記事が引用なら別に問題にはなりませんが、そのほとんどは元記事の全文を転載しているんですよね。つまり、どう解釈しても引用とはいえないわけです。元記事の権利者が訴えを起こせば保守速報は成り立ちません元記事を配信しているメディアに通報すればいずれ保守速報の勢いは衰えるでしょう。

多くの人が行動を起せば差別サイトは撲滅できる!

国民や差別に苦しむ人達一人ひとりが協力すれば人種差別サイトは無くなります(全部ではありませんが少なくとも差別で利益を得るサイトは無くなるはずです)。差別に苦しむ現状を変えたい、または差別に苦しむ人を守りたければ今すぐ行動を起しましょう!

また、この記事の拡散をお願いします。多くの人が認知するだけでも差別サイトは弱体化するはずです。

 - 雑記 ,