政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

妻・小林麻央さんの乳ガンで記者会見した海老蔵さんはどういった心境だったか?

   

先日行われた海老蔵さんの記者会見ですが、正直、小林麻央さんがそんな状態だとは思いもしませんでした。進行性の乳がんで海老蔵さんがおっしゃるには「深刻な状態」との事。

マスコミに対して「記者会見なんて開かせて可哀想」と批判する人もいますが、記者会見を開いたのは他の誰でもなく海老蔵さん・麻央さんの決断です。

この決断には様々な思いが込められていたのだと思います。例えば…

  • 2人とも芸能業界の人間だから国民に「伝えなければならない」という責任感があった
  • 1年8か月何事も無いかのように平静を装ったがそれも限界だった
  • 全てを明かし病魔と徹底的に戦う覚悟を決めた

こういった思いが込められたと思うんですよね。さらに、

  • マスコミによる追及により辛い思いをする
  • 一部の心無い人による中傷被害をうける
  • 世間が自分たちを見る目が変わってしまうかも知れない

こういったリスクも覚悟した上での会見だったと思います。

でも、やはり1年8か月もの間、病気を隠し続け平静を装うのは相当な苦労だったと思うんですよね。生命に関わる病気なのに周囲には明るく振る舞わなければならない。相当辛かったはずです。だから、今回の会見はある種の「救い」だったのかも知れません。

麻央さんの姉である小林麻耶さんが体調不良で長期休暇に入りましたが、これもガンのことを周囲に相談できず抱え込んでしまった結果なのではないか思います。だから、会見は姉の為でもあったのかも知れません。

かつて麻央さんがキャスターを務めていた「ニュースZERO」で、以前麻央さんが小児がんの少女(当時11歳)を取材していた映像が放送されていました。その少女は現在は18歳になっていて、病気は治りデザイン関係(うろ覚えです)の仕事していました。今度は麻央さんが彼女に元気な姿を一日も早く見せられる事を願っています。

 - 雑記