政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

人種差別をしている人はイスラム国(ISIS)を見て何も感じないのだろうか?

      2015/07/20

話題のイスラム国ですがますます勢力を伸ばしていて参加者は10万人を越えたと報じられています。多くの人にとっては彼らの行動はとても認められるものではないでしょう。

と、ここで疑問に思うのが、日本で韓国人や中国人に対して差別発言・行為をしている人はイスラム国の残虐的な行動を見て何も思わないのかということ。

イスラム国がやっていることは自分達を信仰するもの以外への拒絶です。欧米人は殺害されましたし、イラン人と思われる少女の首が切断され頭の無い胴体を抱きかかえ唖然とする父親の姿もありました(google画像検索でセーフサーチOFFで「ISIS」で検索。自己責任で。)。

反逆して殺害されたならある意味仕方が無いことかもしれませんが、無抵抗の幼い子供を殺害するということは言ってしまえば差別の行き着く先なんですよね。

韓国人や中国人に対する差別をしている人は今はまだ言葉だけの差別で済んでいますが、エスカレートしていけばイスラム国のような行為をする可能性もあるわけです。現に学生のイジメで同級生を殺してしまうという事例だってあるわけですよね。

イスラム国に参加して殺人を行った人だって最初からああだったわけではありません。最初は欧米に対する憎悪があっただけです。それがイラク戦争などで憎悪が増幅し殺害を当たり前のように行うようになってしまったわけです。

このような最悪の事態になる前に差別をしている人は自分自身を省みるべきです。そして欧米が行っている空爆も憎悪をさらに増幅させるだけなので別の方法で解決を図るべきです。日本でもイスラム国参加者が10人程いると言われているように世界中にイスラム国支持者がいるわけです。憎悪が増幅されれば世界各地でテロが起こりかねません。。。

集団的自衛権は抑止力どころか火に油を注ぐ行為。イスラム国の躍進で状況は変わった。

 - 雑記 , , ,