政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

従軍慰安婦を正当化することはあなたの祖母を侮辱することになるかも知れない

      2014/08/14

ここ数年ほど、従軍慰安婦問題について騒がれていますが一ついえる事は、

日本軍による強制連行があったかどうかは不明

だということです。

当時の状況を完全に把握する人が存在するわけが無いのです。その為、未だに議論が繰り返されるわけです。

ネット上では「慰安婦問題は韓国政府の捏造だ」という意見をよく見かけます。
確たる証拠があるのなら日本政府は「韓国政府の捏造だ」と公表するべきだと思いますが、諸外国から右翼と言われている阿部首相ですらそのような発言はしていません。

何故か?

それは決定的な証拠が無い為です。
もし、捏造の事実が判明しても、全てが捏造である証明にはなりません。ましてや半世紀以上前のことです。完全な証明は不可能でしょう。慰安婦という仕組み作ったこと自体が日本の落ち度だと思います。

また、元旦放送された「朝まで生テレビ」で右翼ジャーナリストの山際澄夫氏が「従軍慰安婦を募集するチラシ」を強制連行がなかった証拠として提示しましたが、従軍慰安婦でも高待遇の人もいたという証拠にはなりますが、強制連行がなかったことの証拠にはなりません

従軍慰安婦が”性奴隷”といわれる根拠

そもそも強制連行の有無は大した問題ではありません。強制連行がなければ韓国政府が嘘をついていたことになりますが、それで慰安婦の問題性が無くなったわけではありません。

自分の意思で慰安婦になったとして、もし奴隷のような扱いを受けたらどうでしょうか?自分の意思だからしょうがない?そんなわけ無いですよね。慰安婦は奴隷になる為に慰安婦になったのでは無いのですから。

全てとは言いませんが奴隷のような扱いを受けていた慰安婦がいた(日本人含む)という資料があります。

ニューヨーク・タイムズ(1995年10月27日)には以下のような内容が書かれています。

慰安婦の数は不足気味であった。東京のある慰安所では和服女性150人をそろえてアメリカ兵を受け入れると初日に47人もの相手をした女性もいた

また、「アジアの声(第11集)私は「慰安婦」ではない」という書籍ではこのように書かれています。

慰安婦に拒否する自由はほとんど与えられておらず、体調にかかわらず兵士の相手をしなければならなかった

また、日本人慰安婦による証言もあります。ご覧ください。

元日本人慰安婦の回顧録:「オンナには地獄だった」

上記の日本人慰安婦だった城田すず子さんの発言によると、慰安婦が逃げ出さないように軍により監視されていたり、慰安婦が死んだらジャングルに捨てられ家族にも通知されないという酷い扱いだったそうです。

仮に強制連行が無くても、一度踏み入れたら最後、まともな扱いをされることはありません。
人道的に許されない行為です。「当時はどこの国でも慰安婦制度はあった」などという慰安婦制度を正当化するような発言は認めてはいけないと思います。慰安婦になることに同意したのは慰安婦自身だとは思いますが、非人道的な扱いを受けることに同意したわけではないのです。

高待遇の慰安婦もいた?

2013年8月に「日本軍慰安所管理人の日記」が韓国で出版されました。
日本語訳版(リンク先ページ下にPDFのリンクがあります)もあります。

ビルマとシンガポールの日本軍慰安所に勤務していた朝鮮人が書いた日記です。あくまで日記なので淡々としていて全部は読んでいないのですが「鉄道部隊で映画(上映)があるといって、慰安婦たちが見物に行ってきた」という一文があるように必ずしも慰安婦が悪い扱いを受けていたわけではないようです。

現代に置き換えてみれば分かることですが、優良企業もブラック企業もあるわけです。配属された慰安所やそこを訪れる客によっては慰安婦の処遇は大きく変わってくることでしょう。

以下追記になります。
以下の記事(中立的な内容だと思います)によると高額収入が得られたかどうかは勤務地によって大きく変わるとの事です。

慰安婦高額報酬説を裏付ける史料はあるのか?

さらに、慰安婦の報酬は軍票(軍が発行する通貨)によって支払われ、敗戦後軍票は紙くず当然に。結果、ほとんど報酬は得られなったとの情報もあります。

あなたの祖母や曾祖母が元慰安婦の可能性もありうる

日本人は風俗業に対して差別的な目線を持っています。外国でも多くはそうでしょう。とある調査では30万人が風俗業に従事していると言われていますが、これだけの人数がいるにも関わらず家族・友人・知人に風俗の仕事をしているという人はまずいません。しかし、実際は「いない」のではなく「言えない」のです。差別を恐れて。

当然、元慰安婦の日本人も差別を恐れ何も言えないわけです。子供や孫がいたら尚更です。差別は子供や孫にまでおよんでしまいますからね。

日本人慰安婦は数万人いたとされていますから、あなたの祖母や曾祖母も慰安婦であった可能性もあるわけです。従軍慰安婦を正当化する発言はあなたの祖母や曾祖母を蔑む行為になるかも知れません。

従軍慰安婦を批判することは日本兵を侮辱することになる?

従軍慰安婦を正当化する人の意見に「従軍慰安婦を批判する行為は日本兵であった祖父や曾祖父を侮辱することになる」という意見があります。先述した内容と真逆のケースですね。

安心してください。
従軍慰安婦を批判しても祖父や曾祖父を侮辱することにはなりません

何故なら従軍慰安婦を問題視している人は、”一部に”非人道的な扱いがあったのではないかと言ってるからです。日本兵であった祖父や曾祖父が尊敬できる人物であるなら慰安婦に対しても誠実な人だったのでしょう。慰安婦に結婚を申し込む日本人男性が多数いたと言われているくらいですから。

最後に

韓国政府が国際的に見て問題のある行動を起こしているのは周知の事実であり、「従軍慰安婦の生き証人」が韓国政府によって仕組まれたものである可能性は少なからずあります。

しかし、国内外からの証言により慰安婦が非人道的な扱いを受けていたケースも少なからずあるわけですから、そのことに関しては真摯に受け止めるべきだと思います

また、様々な意見があるのは当然なことです。問題なのは一方の意見を妄信的に信じ込んでしまうことです。どちらの可能性も考慮して行動・発言するべきだと思います。

 - 雑記 ,