政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

【都知事選】自民党脅迫術

   

舛添要一氏の後任を選ぶ為の都知事選ですが、どの候補も一長一短で誰を選ぶか迷うところですよね。

鳥越俊太郎氏、小池ゆりこ氏、増田寛也氏の3名が有力候補と言われていますが、その中では増田氏の知名度はイマイチかと思います。

しかし、増田氏は自民党の推薦者で強力な支援を得られるため、知名度が低いとはいえ有力だと言われていますね。

ただ、自民党の支援方法が「まるで脅迫ではないか?」「日本はいつから北朝鮮になったの?」と非難の声が殺到しています。以下が自民党員に通達された文書です。

f9b66d0e

各級議員(親族等含む)が、非推薦の候補を応援した場合は、党則並びに都連規約、賞罰規定に基づき、除名等の処分の対象となります。

平たく言うと、「自民党員(とその親族)は自民党が推薦する増田氏を支持しないと首を切るよ。」ってことです。

党員本人は自党に不利益になることはしてはならないのは当然ですから、増田氏を支持させるのは理解できます。

しかし、親族つまり両親、兄弟、祖父母、叔父・叔母、従兄弟(いとこ)にも強制しているわけです。まるで人質を盾にした脅迫ですよね。自民党除名処分はいわば一流企業を解雇されるようなものですからね。下手すれば政治家生命が終わる可能性もあります。

安保法制で賛否両論あった学生デモ団体のSEALDsが「民主主義って何だ!?」と安倍政権を批判していましたが、今回の件でその主張は正しかったことが証明されたわけです。今回の通達内容は民主主義の破壊そのものですからね。

 - 雑記 , ,