政治・社会問題を素人が考える

政治・社会問題など堅めのニュースを素人目線で考察していくブログです

*

マック・ファミマ中国産期限切れ鶏肉問題。それでも日本は中国に依存しないと生きていけない

      2015/11/06

マクドナルドやファミリーマートのチキンナゲットなどに使用されている中国産鶏肉の使用期限が切れていたことが明らかになって各商品が販売停止に追い込まれています。
中国国内でもこの問題は大きく取り上げられており関心の高さが伺えます。

日本国内の世論では「親日国に頼ればいいのに」「中国産を廃止しろ!」「日本産にすべき!」といった声が多く見られますが、今回ここまで問題が大きくなった原因は被害規模が前例の無い大きさだったことだと思います。中国では吉野家、スターバックス、バーガーキング、セブン―イレブン、またサブウェイや家具店イケアでも事件を起こした上海福喜食品からの供給があったようですし。

どこの国で生産・輸入してもリスクは付きまとう

衛生管理や不正の体質に関することなので反日も親日も関係ないのは明らかなので、ベトナムや台湾を利用したところで根本的な解決にはなりません。
追記:そんなことを書いていたら、24日ベトナムから輸入したシシャモに汚物や殺鼠剤が混入していたことが発覚しました。10都道府県に流通してしまっているようです。

<シシャモ>汚物、殺鼠剤混入か ベトナム産冷凍品を回収

日本でもスーパーで賞味期限を偽装して問題になる事例は珍しくありません。スーパーでばら売りされている焼き鳥とか賞味期限なんて有って無いようなものですからね。埃もかぶっていますしね。。。

中国以外の国であろうと国産であろうと不正をはたらく業者がいれば危険は付き物ですが、やはり中国というと衛生管理が特に悪い印象があるため「中国産は避けたい」と思う人が多いのも事実です。

日本に流通しているものの大半に中国が関わっている

しかし、日本が成り立っているのは中国産のおかげというのも事実です。今回問題になったマクドナルド、ファミリーマートに限らず、大量生産が必要だったり安さを売りにしているファーストフード店やファミリーレストランは何らかの中国産食品をほぼ間違いなく使っているでしょう。そうでなければあそこまで安くできません。

食品に限らず国内の大半のものは中国製です。またMade in Japanを売りにしていても、最終工程が日本でやっているだけで材料は中国製なんてことは珍しくありません。

中国産を廃止したら日本はどうなる?

ここまで浸透してしまっているMade in Chinaを廃止したら、確実に日本に流通する商品は不足するでしょう。品薄になれば価格が上昇しますから今の価格の2倍とかになる可能性も十分考えられます。そして中国に頼ってコストを浮かせている多くの企業が倒産することになります。国内生産だけでまかなうには日本人が中国人並みの賃金で働かなければなりません

ファミリーマートの社長は事件後も「信頼できる中国企業を探す」と言っていますから、こういったリスクを加味した上でも中国に頼らなければ日本企業は成り立たないということです。それでも国産にこだわるなら日本人自身の生活を改める必要があります。

 - 雑記 ,